« ボキャブラリービルディング? | トップページ | 少しずつ、長く~ »

2008年6月 5日 (木)

音読とシャドーイング

音読がいい、というような英語の学習本が多く出版されています。全部に目を通したわけでもありませんが・・・小学生・中学生・高校生・大学生・大人~あらゆる年代が私のところに来てくださっていますし、超初級者から上級者までレベルもさまざま・・・ということで、一応初級~中級向けということで、音読とシャドーイングのことを書きますね。

音読は英語の文字を見てそれを音声化する作業、シャドーイングは音声を聞いて、それを繰り返す作業、としますと。もともと英語の発音がまだ身についていない人が、せっせと音読をしますと、自分の中のカタカナ英語で音声化することになります。ですから、できましたらたくさんリスニング・リーディングやシャドーイングしてから、音読もされることをおすすめ。音声を聞きながら、一緒に声を出すのはオーバーラッピングとも言いますね。朗読CDを聞きながらの音読や、リスニングもいいでしょう。

私もシャドーイングや、朗読CDの流し聞きをよくしますけれど、ただ読むほうが内容の理解は大きいです。だから、ちゃんと読みたいのであれば、読みます、文字で。流し聞きはなんとなく音を聞いていたいとき、何かしていても聞ける状況にあるなら、そのほうが時間の有効利用だからです。(家事の合間、とか)シャドーイングはもう少し、お勉強的な要素がありますね。

通勤時間帯のリスニングをされる方も多いと思います。どれが一番というのでなく、その方のライフスタイルに合ったものを、自分で選んでくださいね。これが最高というのは、自分でしか決められません。その人の学習スタイル、それから読む能力エトセトラが向上していくうちに、ベストなものは変化していくと思います。ただ聞き流す、注意して聞く、シャドーイングしてみる、家で読めるなら読み聞きをしてみる・・・・などなど。ディクテーションは初級の学習者にはさほど効果がないのかな、とも思いますが、そのことは門田修平先生の本にも触れられていました。科学的な実験データや学問的な内容も多いので、一般の方には読んで面白いかはわかりませんけど、私は、やっぱりね、と思うところが多い本です。

「シャドーイングと音読の科学」 門田修平著  コスモピア株式会社

その人のライフスタイルの合っていないと、長続きしないからです。楽しく長く、続けないと結局は身につきません。あまり深刻にならずに

昨日は中2の男の子と、500字程度の本を一緒に音読したのですが、リピートアフターミー(ああ、中学の時にさんざんやったよね)より、一緒読みを私はよくしております。時間の節約もあるけど、さあ、真似しなさい、みたいなのもいやなんで。シャドーイングも効果的ですけど、ただ聞きまくるほうがお好きなら、それもいいでしょう。こういうのが好き、というのは皆さんの内側にあるものですからね。外からこうしなさい、ああしなさい、も必要かもしれませんが、内側の私が本当の私。では~

|

« ボキャブラリービルディング? | トップページ | 少しずつ、長く~ »

音について」カテゴリの記事

コメント

今日も講演会で色々と、多読のこと、多聴のこと、お話を聞き、色々な方の疑問やお悩みを聞き~
でもね、たくさん聞いて読むと、ほとんど解決するように思うのです。行き帰りの電車のなかで、シャドーイングしていたのですが楽しくて、あっという間でした。目が疲れないから、電車のなかではもう、これです。
お会いできるのを楽しみにしてます!

投稿: ゆきんこ | 2008年6月 8日 (日) 21時01分

ゆきんこさん、こんにちわ。Hyde です。
ゆきんこさんのBlog、ほんといつも楽しみに読んでます!
私の場合、そもそも「もっと話せるようになりたい」と思って多読の扉をたたき、9ヶ月たちました。いまや「話す」ことを忘れ、多読にはまっていますが、やはり最初の気持ちというのはいつも心の底でくすぶっているんですね。
シャドーイングを楽しくして話す・聞くができるようになりたい、とゆきんこさんのBlogを読んであらためて思い返している次第です。
次回、お会いした時には、ご指導のほどほろしくお願いいたします!

投稿: Hyde | 2008年6月 8日 (日) 10時19分

CHERRYさん、こんにちは。聞くだけだと入り込める内容の時はいいですけど、あらあらと理解できないままに進んでしまうことも、度々ですよね。買ったはいいけど好きになれない、そういう音源もありますし。
まあ、色々試してみれれば、それでいいのですけど。好みも変わっていくし~ではまた

投稿: ゆきんこ | 2008年6月 5日 (木) 20時49分

はじめまして、みえいしのぶです。

似た内容なので
TBさせてもらいました。

そうですね、聞き取れて初めて
音読の威力が発揮されますね。

私は音読サイトをやっておりますので、
おひまの時にでも見てみてください。

では、失礼します。

音読効果を7倍高める超音読法
http://t-triangle3.com/


投稿: 音読家みえいしのぶ | 2008年6月 5日 (木) 17時53分

わたしも読むほうが理解できます。
でも家事しながら 歩きながら聞くのも好きです。

読んだものを音で聞きなおししたりもします。

 去年CERは音で聞いていましたが
はずかしながら 弁当つくって
子どものことなんかしてだと

レベルが高い(といっても5)
人が多い話は あれ?だれ?
なんておもったり。
したことあり。

同じレベルでも
高速バス移動中なんかは
目をつぶり世界に
どっぷりひたれるので
音だけでも相当理解できますよね。


昨日 ジャクリーンウィルソンの
スリープオーバーを音で聞きました。
朝ごはん支度中でしたが
あまりにお話にのめりこんで
読んだのとおんなじくらい
わかった気分なので
レベル3くらいの音は
気持ちがよいです。

日常生活のなかでも
しゅーーーと
集中して聞けるように
なる瞬間を 読むのと
同じくらいとっていきたいです。

投稿: CHERRY | 2008年6月 5日 (木) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音読とシャドーイング:

« ボキャブラリービルディング? | トップページ | 少しずつ、長く~ »