« 歌のリズムで英語を獲得する | トップページ | 英語がわかるということ »

2008年8月 8日 (金)

イングリッシュ・エドベンチャー サマー・ワークショップ

このブログにもリンクしていますEnglish EdVenturesのサマー・セミナー3日間が終わりました。主催者のみなさん、そして講師のアンナ先生、ジュディー先生、本当にありがとうございました。

素晴らしい内容に私もまだぽーっとしております。全部英語で進められるセミナー、アメリカで長年実践してこられた二人の先生の楽しい音楽、歌歌歌。歌を紹介していただき、みんなで歌ったり踊ったりして学ぶ時間もあれば、そのフィロソフィー、何が大切かをみんなで話し合う時間帯もあります。

そしてお二人が日本の子どもたちを実際に指導してくださるレッスンを見ることができました。幼稚園年中から小学校3年生までのJunior Class、小学校4年から6年のSenior Class、どちらも笑いにあふれ活気のある楽しいレッスンでした。先生方の歌の美しいこと、発音にしても声の高さにしても抑制され鍛えこまれたもの、子どもたちの動作や視線ひとつひとつをとらえて俊敏に反応し、コントロールしつつ、一緒に楽しむこと「Fun」としてとらえることを私たちに示してくださいました。

言葉にしてしまうとこういうことなのですが、実際に見ないとわかりません。そして本質的なもの、心を大切にするということを教えていただきました。自分のやりたいことの方向性はわかっていても、なかなか完全には表しきれません。もっともっと実践を積み重ねていくしかないのですね。本当にありがとうございました。これからも今やっていることの方向性でいいのだ、ということもわかりました。今日から私も夏休み。来週はお休みですが、夏休み後半からは、またこれを糧にしてがんばろーっと。

|

« 歌のリズムで英語を獲得する | トップページ | 英語がわかるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい、とても楽しくて有意義でしたよ。
カナダでのワークショップもきっと実りの多いものでしょうね。シェアしていただくのを楽しみにしています。
色々お忙しいでしょうが、お元気で!

投稿: ゆきんこ | 2008年8月 8日 (金) 20時30分

ゆきんこさん、3日間のワークショップおつかれさまでした。実りの多い3日間だったようですね。
私も1昨年参加した時は講師の先生方のマジックにかかったような感動に包まれました。歌を使って英語って、かなり誤解を受けている部分がりますが、フィロソフィーは本当に深い物がありますね。
私はカナダで今回の先生とは違う方ですが、ベテランの先生達の実践を見せていただいてきますが、きっと9月にはシェア出来ると思います。
9月のエドが楽しみです。お互いこの暑さを乗り切りましょう。

投稿: katakuri | 2008年8月 8日 (金) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュ・エドベンチャー サマー・ワークショップ:

« 歌のリズムで英語を獲得する | トップページ | 英語がわかるということ »