« 溝を跳び超えて~日本語と英語 | トップページ | 益若つばさちゃん »

2008年8月18日 (月)

日本多読学会

二日間日本多読学会のワークショップが開催されていました。私は二日目に参加いたしました。参加者の皆様、お疲れ様でした^^今回も実りの多いワークショップでした。

新しい参加者の方々も増え、またいつもの親しい方々にもお会いできました。それにしても二日間ちゃんと参加できなかったのは、残念・・・ 本の展示もあるので各出版社さんからの、説明なども受けることができました。ちょっとサンプルをいただいたり・・・うれしい!

ペンギン・リーダーズもオックスフォード・ブックワームズも新しくなるのです。マクミランが新しくなってスタイリッシュになり、あれを見て刺激を受けたのかしら~などと勝手に想像を。旧版をもっておりますので、新版は買わないとは思いますが。

多読を始める教室・学校が少しずつでも、確実に増えているようです。及ばずながらもお手伝いをしたいと思っておりますので、何か質問のある方は、このブログにもどうぞお寄せください。ちなみに日本多読学会に入りますと、多読本の貸し出しも受けられて大変お得です。それにメンバー同士の交流や議論も活発ですので、常に刺激を受けられます。私も児童英語ばかりでなく、高校や大学の先生方の実践に多くの刺激を受けてまいりました。もっと多読を!英語を楽しく身に着けられる環境を整えたいです。

|

« 溝を跳び超えて~日本語と英語 | トップページ | 益若つばさちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい、多聴多読を取り巻く環境は激変していますね。便利になったものです~

1日目に出られなくてCHERRYさんの発表が聞けなくて残念。また色々教えてくださいね。

投稿: ゆきんこ | 2008年8月24日 (日) 22時48分

 ゆきんこさんのお話もとってもよかったです。 
 音って本当に大きな意味をもってきましたよね。
 前からそうなんでしょうが、2006年(私の多読開始)と2008年では 明らか に音をとりまく環境が違う。

 上手に音を聞いていきたいと強く思いました。

投稿: CHERRY | 2008年8月24日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本多読学会:

« 溝を跳び超えて~日本語と英語 | トップページ | 益若つばさちゃん »