« What Is Halloween? | トップページ | 昨日のハロウィーン・パーティー »

2008年10月22日 (水)

資生堂副社長の仕事学

10月20日版の読売新聞の朝刊に資生堂副社長、岩田喜美枝さんの記事がありました。リーダーの仕事学というシリーズで私はよく読むのですが、そのなかに、資生堂は今、「日本をオリジンとしアジアを代表するグローバルプレーヤーになる」という目標で改革に全力を挙げているとありました。おお、やっと気づいたのか、10年遅いけど。

日本の一般の皆さんにはピンとこないことも多いぐらい、日本で普通でも他の国にいくととてももてはやされていたり、せっかくブランドイメージがあるのに、そこにまったくほとんどの日本人は気づかず埋もれている・・・それは驚くべきことです。以前から私が思っていること、島国ゆえにぼーっとしている日本人。エド時代の鎖国じゃないんですけど~儲かる話も頭の上を素通り、このままじゃ衰退しそうかも~

資生堂もアジアに行けばビッグブランド。バンコクにいた時にそれは強く感じました。おみやげに日本製の化粧品は絶大の人気、デパートにも売り場はありましたがシャネルと値段も人気も変わりませんでした。でも日本からタイに行く私に多くの日本人は、そんな国遅れているでしょう、大丈夫なの~粉ミルクや紙おむつなんてあるの~ありましたよ。日本よりいっぱいね!見下しているうちに、時は移り日本のバブルは崩壊し、あと数年で経済大国とやらからもすべりオチ・・・

日本でだけ特化するとほとんど「ガラパゴス化」してしまう、他の世界と違うユニークさはあるけれど進化の過程が違っていて、他と隔絶してしまうという意味です。これはとあるテレビ番組で言われていたのですが、私もそう思うのです。もう少し他を見ようよ、見ないと日本の良さ、自分の住むところの素晴らしさもわからないよ。遅いけれど、今ならまだなんとかなるかもしれません。せめてアホなテレビ番組は消して、多読をしましょう。なんてね。

|

« What Is Halloween? | トップページ | 昨日のハロウィーン・パーティー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂副社長の仕事学:

« What Is Halloween? | トップページ | 昨日のハロウィーン・パーティー »