« Judy Moody Goes to College | トップページ | ジャイアンツのセール♪ »

2008年10月12日 (日)

情報をどう扱うのか―ノートその後

「情報は一冊のノートにまとめなさい」を読んでから100円ノート式を実行し始めましたので、途中経過を報告します。けっこういいですよ^^もっとも奥野宣之さんおすすめの、検索ファイルはまだ作っていません。それももう少ししたら、実行しようと思っております。

ものすごく一般的なお仕事の方は普通のスケジュール帳でもいいのかもしれません。でも、今の仕事を続けるならこれはいいです。児童英語教師は年中教えるネタを考えている。それから子どもから大人までさまざまな人を教えているので複雑です。(同じ学年を教えているのなら、どれほど単純なことか!)その上このようなブログも書いていて、時々はちゃんとした文章を書く機会もあるし、発表なんかもしなくちゃなりません~

その時その時に考えたこと、多読多聴に関するいいアイディアや面白い本など、あちこちに書き散らしていたのではまとまりません。とても惜しいことです。私にとって今年読んで一番役にたった本はこれかもしれません~だってね、過去のスケジュール帳ではあとからただめくってもたいして役にたたないからです。やっぱりテキストファイルは必要らしい・・・

今までは色々な勉強会や会議なども色々なところに分けて書いてましたが、一箇所になりました。どうしてもまとめたい時は何かにまとめるでしょうが、とりあえずは一元化で。そしてこれはとても便利です。前より克明にメモしておくようになりました。奥野さん、ありがとー。ただひとつだけ。安いノートではやはり紙の質がちょっと・・・2冊目をお高めのノートにしたら、これがやっぱり書きやすかった。これが年間10冊になると、高いシステム手帳のレフィルを毎年買い足すのと結果的には同じかな。あとは自分の使いやすさで試行錯誤してみます。

|

« Judy Moody Goes to College | トップページ | ジャイアンツのセール♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほぼ日もいいなあと思うのですが。とにかく今は情報の量が増え、これはこっち、あれはあっちと分けていくほうがよほどわかりにくく、散逸しやすくなりました。
一箇所主義を読んで頭を殴られたような衝撃!
結局後から検索できるのなら、これはすごーくいいのです。試してみてから変えるところは変えるし~

投稿: ゆきんこ | 2008年10月14日 (火) 07時41分

 とても興味あります。
図書館で順番まちしています。
わたしも100円ノートもちあるきますが
別に でっかい手帳をもってあるいています。

 ほぼ日手帳。
これがけっこうぶあついので
いま色々考え中です。

 たしかにどんどん聞いたこと 学んだこと
気づきを メモする必要性 感じています。

投稿: CHERRY | 2008年10月13日 (月) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報をどう扱うのか―ノートその後:

« Judy Moody Goes to College | トップページ | ジャイアンツのセール♪ »