« 1800万語報告それから年数を重ねて | トップページ | 年末の行事 »

2008年12月26日 (金)

The World of Rosamunde Pilcher

昨日のクリスマスの朝、まるでサンタさんのように郵便屋さんがプレゼントを届けてくれましたhappy01注文はしてあったのですが、こんな偶然は何でしょうか!といっても自分で自分へのプレゼントなのですが。

The World of Rosamunde Pilcher  

タイトルだけを見て、たぶんこんな本だろうと注文したのですが、予想以上に私にとってはお宝本でもう夢中。ピルチャーの生い立ちもたっぷり、子ども時代を過ごしたコーンウォールの浜辺やご両親や兄弟の家族写真などもあり、ご主人との結婚式、軍隊の写真、それからコーンウォール・ロンドン・スコットランド、彼女とその作品にゆかりの深い土地の写真の数々。そこに添えられている作品からの短い引用。大ファンであり全部読んでいる私には涙ものです。

薔薇のからむ美しいコテージや、深い入り江、海岸や港町、どこも素敵。ピルチャーの書き下ろした文章もあります。Shell Seekers, Coming Homeなどの時代背景や描かれた場所の感じなどが再現されています。コーンウォールはアーティスト達に愛された土地、彼女もお母さんもそんな人々とたくさん交流してきたから、あの作品群が生まれたのですね。空と海の青さが作家のインスピレーションを生んだのでしょう。Usedなので誰かが読んだ本だけど、これだけ本が出ているのだから私のような大ファンがたくさんいるのね~

私の持っているのはハードカバーで表紙は作者が海を見つめているものです。値段も安かったけど。たぶん同じものです。きれいでしょ!

|
|

« 1800万語報告それから年数を重ねて | トップページ | 年末の行事 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/26508101

この記事へのトラックバック一覧です: The World of Rosamunde Pilcher:

« 1800万語報告それから年数を重ねて | トップページ | 年末の行事 »