« Fluffy's Valentine's Day | トップページ | Winnie the Witch »

2009年2月15日 (日)

音源とシャドーイング

シャドーイングをしたい、できるだけ続けたいという方はたくさんいらっしゃると思います。好みがあるのでお好きなものを、というのがアドバイスなのですけれど、少しの間やるのならニュースなどやオバマさんの演説でもいいのですが、長く続けるのは朗読CDがいいのかなと。

ひとつには長さがあるし楽しいし、やはり飽きがきません。自分の好みを知るにはやはり試してみて(多少失敗しても)こういうのがいいかしらと悟っていくしかありません。私は速くて笑えるようなものを「チャカチャカ系」、落ち着いた内容で語りかけてくるものを「しっとり系」と分けてますが、いかがでしょう?気分に応じて使い分けてもいいと思いますし、ある時期で変わることもあるでしょう。私は「しっとり系」のものが好きですけれど、たまには速いものも口直しに使います。

たくさん音源を持っていたり、聞いた経験のある方にお聞きになってもいいかもしれません。オフ会などでも聞いてみてくださいね。大人の読書会ではシャドーイングをする時もありますので、皆さんやってみましょう。人前では恥ずかしいという方はそこらじゅうにいらっしゃいますから、もし、あなたが恥ずかしいよ~と思われたのは普通のこと。恥ずかしくなくなるには時間が必要です。

聞いてもらって、ナチュラルな英語に聞こえていればそれでいいのです。そしてそのリズム・音のままで音読できたり、実際の会話で話せればそれでいいのです。別に未来永劫シャドーイングを続けなさい、なんて話ではありませんからね。それから長い音源でシャドーイングする以外でも、短い英語の歌などで歌っている歌手そのままにコピーして、なるべく母音をクリアにして歌うというのもいいかもしれません。

|

« Fluffy's Valentine's Day | トップページ | Winnie the Witch »

音について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音源とシャドーイング:

« Fluffy's Valentine's Day | トップページ | Winnie the Witch »