« そろそろ切り替えて | トップページ | Lunch Money by Andrew Clements »

2009年3月 7日 (土)

Hop on Pop

いつもレッスンでは読み聞かせをしています。季節やその時の行事を意識したものも読みますし、絵本もLRも読んでいます。それから内容ばかりでなく、語呂のよさやライミングを重視した絵本を最近は努めて読むようにしています。読む力を上げるために不可欠だと思うからです。

Hop on Pop   by Dr.Seuss

Dr.Seussの絵本の中でもライミングが多い本。もうほとんど高学年以上の子どもたち、読み聞かせではなく、一緒に読んでいます。絵の面白さも独特なライミングも、空前絶後の作者です。

読んだあとに笑えた、とか面白いとか書いてくれる子がいると、やっとこういうもので笑えるようになったなあと感激しますhappy01英語の本を読んで笑える、というのは映画を見ても笑えるとか会話をしていてジョークに笑えるとかに通じるのです。

よく多読をして英会話もできるようになるんですか?と疑う目で見る方がいらっしゃいますけど、多聴多読は深い文化理解やジョークなんかの理解に通じますから、コミュニケーション能力は十分に伸びるはずです。英語のユーモアがわからないと嘆く大人は多いのです。笑えるって素晴らしい♪大人の方にもライミングの本はいいのではと思うよ~

|
|

« そろそろ切り替えて | トップページ | Lunch Money by Andrew Clements »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/28506495

この記事へのトラックバック一覧です: Hop on Pop:

« そろそろ切り替えて | トップページ | Lunch Money by Andrew Clements »