« Hop on Pop | トップページ | オックスフォードのワークショップ »

2009年3月 8日 (日)

Lunch Money by Andrew Clements

Frindle,  Jake Drakeなどを好む人が多くいので、Andrew Clementsの本を少し集めています。やはり3万語前後の長さのものが主なので、3万語を読んでくださいとお願いするしかありません。このぐらいの長さが児童書の主流かしらね。学校物が多いこの作者、とても面白いと思っています。この作品も視点がG-o-o-d !オモロー

小さい頃から色々バイトをしてはお金を貯めるGregが主人公、こういう自主独立の気風はアメリカンですよね~レモネードを売ったり、芝生を刈ったり~今度は自分で制作した漫画を学校で売ることを思いつきます。でも困ったことに、ずっとご近所に住んでいるライバルMauraがまた真似してくるんだ~(copycat!)

担任の先生と話し合い、校長を説得して最後は教育委員会にまで掛け合う、That's Americaという感じです。ロジカル~ 日本だったら学校で漫画売っちゃだめでしょ、ですぐ終わるでしょうしね。このめげない感じ、サクセス・ストーリーにしてしまうところがね、すごい。

Greg&Mauraの喧嘩と言い合いの英語が面白いです。これぞ児童書。いい子ちゃんとか可愛いものはいや~な人におすすめです。喧嘩の仕方は児童書に学びましょう。

YL4.0-5.0 30,000語

|
|

« Hop on Pop | トップページ | オックスフォードのワークショップ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

CHERRYさん、こんにちは~
私はRoom Oneが面白かったですよ。アメリカらしい児童書でした。そしてきゅっと胸が痛くなる感じでした。
イギリスのはもう少し風刺が効いていたり、スノッブな感じなのですけれど、アメリカの児童文学は素朴に思えますね。ではまた♪

投稿: ゆきんこ | 2009年3月 8日 (日) 20時29分

 ほーーんとあっという間の読み終わりました。
楽しかった。わたしは結末は予想とちょっとちがっていたので
またそれも楽しかったです。
こんなふうにお金をとらえることも大切って思いました。

Andrew Clementsもの ほかのもどんどん読みたいです。
ほかに Findle、The Janitor's Boy、The Report Card、 The Last Holiday Concert、 The School Story
を読みました。
全部楽しかった。わたしには★でした!!

ゆきんこさんのお勧めもぜひぜひ教えてください。

投稿: CHERRY | 2009年3月 8日 (日) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/28520325

この記事へのトラックバック一覧です: Lunch Money by Andrew Clements:

« Hop on Pop | トップページ | オックスフォードのワークショップ »