« Big Book | トップページ | マザーグースをレッスンに »

2009年4月21日 (火)

新書が読まれている

昨日の記事でガリバー漂流記なんて書いてしまいました。ガリバー旅行記です。ロビンソン漂流記ですよね。なんてアホラシクモ笑える間違いをしてしまったのでしょう。(面白いのであえて消さない)

さて、最近新書が大変売れているとのこと、書店にもたくさん並んでいますし、うちの本棚にも多数。時々書評を書こうかなと思うのですが、息子たちも読むためいつの間にか見当たらないこともしばしば。今朝も書こうと思ったら見当たりません。きっと彼らのバッグの中や机の上にあるのでしょう。

岩波新書の「仕事道楽ースタジオジブリの現場」(鈴木敏夫著)について書きたかったのですが、ありません。茶柱くんのお気に入りらしい。他にも数冊見当たらないので、さすがに少し前に読んだものは記憶が曖昧なので本がないのに書評は書けまいという・・・仕方ないのでやめておきましょう。新書が売れているとのこと、やはり値段が安いというのとさっと読めて色々知識を得られるのでありがたいということでしょうか。

流行っていると書店も目に付くところに並べますし、さらに売れる。不況で自分の勉強に力を入れる人も増えているとか、不況にもエコや勉強などいい副産物もあるようですね。一人で勉強すると苦しいだけですから、みんなで本を読んだり情報交換したり、ゆるやかに気分よく手をつないでいきましょう。一人で読んでいるとモチベーションが上がりません。誰かに語りかけたい、そうだよね~と聞いてくれる人が欲しいです。おーい、ということでどうぞお互いにhappy01

|
|

« Big Book | トップページ | マザーグースをレッスンに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/29215953

この記事へのトラックバック一覧です: 新書が読まれている:

« Big Book | トップページ | マザーグースをレッスンに »