« Mr.Putter and Tabbyまたファンが出現 | トップページ | 多聴多読マガジン6月号 「わかる」英語を聞きまくれ »

2009年5月 9日 (土)

日本には四季がある

日本には四季がある、それは当たり前のことですし、おかげで季節の移ろいに心が躍り美しい詩歌や文学が生まれるのでしょう。それにしても、冬はしっかり寒いし、夏はかなり暑い、服も冷暖房具もその他もろもろ片付けたり出したりで忙しいです。やっとファンヒーターもコタツもしまい、冬物の洋服のほとんどをクリーニングに出して収納、今度は夏物を出して・・・かなり忙しいですよね。

日本にずっと住んでいるとさほど不思議に思わないでしょうが、タイに5年暮らしたので、こういう日本はけっこう変わっているのだと認識せざるを得ません。タイは日本に比べれば1年中真夏の国ですから、何も入れ替えたりする必要性がないのです。雨季と乾季はありますし、暑さもやや暑いからすごく暑い、そしてやや涼しいに変化しますが、それでも服は1年中半袖、ビルなどに入りっぱなしなら長袖もいるしたまの旅行の時にコートの一枚も必要でも、基本半袖。だから大きめのクローゼットにはずらっと入れておけば、入れ替えは不必要です。

日本に住む欧米人の方の数人から聞く話でも、日本は気候の変動が激しい、むしろ暴力的なまでに変動する時がある。冬だってヨーロッパよりひどい、という人もいます。外断熱とかの関係というかいまだに建物全体を暖房せずに、局地的な暖房ですからね。また暖かくなっても急に寒くなったりしますし、台風が来るし、地震はあるし・・・(それはまた別の話?)

そういうわけで、日本人は他の国の人よりコマめにちょこちょこ動いて、せっせせっせと季節を先取りして行動し、テレビなどの宣伝でも春です〇〇を食べましょう、夏だビールだ花火だ、秋だよ紅葉だ~などと走りまわり、忙しくしているのでしょうね。いいのか悪いのか。でもその行動から経済的にも発展したと言えるのでしょうし、それも悪くはありません~でも、もう少し広いおうちに住めるのなら、収納が楽チンなように改造したいと思っています。いつかね♪

|

« Mr.Putter and Tabbyまたファンが出現 | トップページ | 多聴多読マガジン6月号 「わかる」英語を聞きまくれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本には四季がある:

« Mr.Putter and Tabbyまたファンが出現 | トップページ | 多聴多読マガジン6月号 「わかる」英語を聞きまくれ »