« 若い息子たちが教えてくれること | トップページ | 沁み込んだ地下水のように »

2009年6月17日 (水)

絵本の効用―その1

昨日はお休みの子も多かったのですが・・・高3になったオサムくんが問題集に取り組んでいました。助動詞のところをやっていて、ちょっと思いついた!

やはり問題集をたくさん解いても忘れやすい、印象に残らないのです。毎日のように模試を受けるわけでもないし。ちょうどwould rather,  can'tが出ました。「出来ない」のほうでなく「のはずがない」のほうです。

would ratherはwould you rather・・・ がちょうどいい。色々なものからねえ、どれがいい、という無理難題の究極チョイスをうながすからね、would ratherはこういう意味よ~というのがどんな説明されるよりわかりやすいのです。悩みながら選んでね。オサムくんに読み聞かせをちょっとしたら、家に借りていってくれました。じっくり眺めて読んで欲しい^^わーい、受験勉強の合間には絵本です。

時間がなくて、しっかり多読しているのが大変になってきますが、それでもね。工夫をすれば多読はうまく混ぜることができるのです。そしてcan'tのほうは・・・こちらは本がThe Tiger Who Came to Teaなのですが、手元にないと解説できませんので(貸し出してしまった!)帰ってきてからまた来週♪今日は他にも話題があるけどまた明日ね

商品の詳細高校生以上のほうがニュアンスがわかります。

|

« 若い息子たちが教えてくれること | トップページ | 沁み込んだ地下水のように »

英語教室のこと色々」カテゴリの記事

コメント

60万語読まれているなら大丈夫でしょう。よかった!
きっと楽しく読んでいただけることと思います。
くすくす笑いながら読んでね!
オサムくんはマジックツリーを全部読んでます。好みが似てるといいけれど。ではまたね♪

投稿: ゆきんこ | 2009年6月19日 (金) 20時20分

ゆきんこさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
子どもの多読歴はまだ1年ちょっとで、現在60万語ほどです。"Nate the Great" はあと2、3冊、"Magic Tree House" は半分くらい読んだところでしょうか。

「高校生以上のほうが」と書かれていたのと、アマゾンで中が見られなかったので一抹の不安はありましたが、ページ数が少なかったので、まあ大丈夫だろうと注文してしまいました。
表紙の絵がいいなあと思って。

レベルが高くなるにつれ絵が少なくなってきたので、"Mr.Putter" や "Winnie the Witch" のような絵本は息抜きになるようです。
わたしも一緒に多読を始めたので、子どもが無理なら、わたしが読みます。わたしも無理だったら(;^_^A しばらく寝かせておきます。

いつも次は何を読もうかと本探しに苦労しているので、積ん読は大歓迎。これからもいろいろご紹介ください。

投稿: sunny | 2009年6月19日 (金) 10時07分

はい、こんにちは!
もしバーニンガムの線や色使いがお好きならば、楽しめると思います。他にも楽しい本をたくさん書いている作家なので、他のものも手にとられてくださいね^^
ただ、私がこの本を手渡した高校生は長く多聴多読をしていて、たくさん読んでいるからこそ受験勉強の合間のこの本を楽しく思えたのですが。
sunnyさんのお子さんが色々英語の本を楽しまれているなら、きっと楽しいと思われるでしょう。よけいな心配でなければ、ということで。
Enjoy reading!

投稿: ゆきんこ | 2009年6月18日 (木) 08時00分

はじめまして。
いい本をご紹介くださいまして、ありがとうございます。
中学生のわが子に買ってやりたいと思います。

投稿: sunny | 2009年6月18日 (木) 06時47分

読み聞かせはほんと、ハートと場慣れです。回数を重ねることなので、その人その人の雰囲気があればいいの~
大好きな本なので借りてくれると、本当にばんざーいです^^
日本語版は「ねえ、どれがいい?」ですよね。日本語で楽しんでいつか英語をというのも、いいのではと思いますよ。
読み聞かせに私も小学校に行っていましたが、定番の絵本だったようですね。少し線がやさしいバーミンガムですけれど、人気がありました。
本気で悩む子どもたちの様子が可愛いのね

投稿: ゆきんこ | 2009年6月17日 (水) 18時23分

ゆきんこさん、こんにちは。
この絵本は、小学校の読み聞かせで翻訳絵本を読んでくれた人がおり、その時に初めて知りました。
読んでくれたのはとても楽しい人で、本当に上手に読むので、聞いている私もとても楽しくなりました。
絵本も読み手を選びますよね~。
というか読み手が絵本を選ぶというべきでしょうか。
みんなそれぞれ自分にあった絵本を読んでいるように思いました。同じ絵本でも読み手によって受け取る印象が違います。
私もゆきんこさんのように上手(技巧ではありませんよ。ハートかな?)に絵本が読めるようになりたいな~。いえ、なれるようにがんばらねば。

投稿: sunset | 2009年6月17日 (水) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵本の効用―その1:

« 若い息子たちが教えてくれること | トップページ | 沁み込んだ地下水のように »