« 昨日の読書会 | トップページ | ハリーポッターをもう一度読む »

2009年8月 4日 (火)

Henry and Mudge and the Wild Wind

Cyinthia Rylant作のHenry and Mudge シリーズを少し購入しました。全部で8冊ほどです。持っていないなあと思いながらもついつい後回しだったので。大きい犬のほうが気が優しいというか、Mudge はかみなりが怖いらしい、バスルームでぶるぶる、ソファーに頭をつっこんんでぶるぶる~さてさて次はどこへ行っちゃうのかな?でも晴れてきたらにっこり、外に出よう!

毎日の本当に些細な幸せを切り取って暖かい物語を作ってくれるシンシア・ライラント。たくさん作品があって、ファンにはうれしいですよね。子どもの時からきっと自然に囲まれて、動物に囲まれて暮らしていたのでしょうね。絵も素朴で愛らしいシリーズですよ。

うちの犬もわりと大きいのですが、かみなりは大嫌い。人間が聞こえないほどとおいところに鳴っていても、聞こえるらしくて散歩でもいやいやする時があります。獣医さんによればかみなりにびっくりして、心臓がとまっちゃう子もいるそうですから、あまり無理させないほうがいいのですよ。人間でも体が大きく気は優しい人がいらっしゃるじゃないですか。大きい犬は何んともいえない温かみがあるなあ。

犬のお好きな人、猫のお好きな人、色々いらっしゃるでしょうが、英語の絵本や児童書には本当に動物がたくさん登場しますよね。色々読んでお気に入りを見つけてくださいね。

商品の詳細YL0.8-1.0 778語

|
|

« 昨日の読書会 | トップページ | ハリーポッターをもう一度読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/30825084

この記事へのトラックバック一覧です: Henry and Mudge and the Wild Wind:

« 昨日の読書会 | トップページ | ハリーポッターをもう一度読む »