« 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で | トップページ | 多聴多読と英語コミュニケーション―多聴多読マガジン »

2009年9月26日 (土)

Big Book―私の所蔵リスト

教室の外で活動する先生方・お母様も増えていらっしゃるのではないでしょうか?幼稚園クラスを外で始めてから、ビッグブックを以前より少し買い足しています。大きい教室では小さい絵本は不向き、持っていくと本当に喜ばれますよ。

図書増強版みたいなしっかりした日本製はそれはそれで素晴らしいですが、確かに高くて8000~10,000円します。比べると洋書はペーパーバックで2000円~3000円、どうですか、長く使うなら無駄ではない投資?とにかく長く自分にとって使えるのかよく見極めて買いましょうね。

皆さんの参考になるかと思い下に私の持っているビッグブックをあげておきます。ビッグブックといっても、大きさはまちまちで、縦長横長色々あります。一番最近はGoodnight MoonとMy Five Sensesを買いました。やはり大きいと迫力があり楽しいです。

Penguin Young Readersは他にLittle Red Riding Hoodもありますが、画像がない??たまたまこの3冊はセールで2000円ほどだったので、買ったのですが・・・自分で選んだのではないので他の本ほどには使っていません。ORTは0-1レベルのビッグブックがあると本当にいいですよ。大教室での読み聞かせに最適です。エリック・カールは言うまでもありません。オックスフォードさんが最初に送ってきてくれた時に入っていたビニールの袋に皆入れてありますが・・・そろそろ限界、自作の袋を作るべき時かもしれません。

商品の詳細商品の詳細ORT12冊商品の詳細

商品の詳細商品の詳細 商品の詳細

商品の詳細 商品の詳細商品の詳細商品の詳細

|
|

« 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で | トップページ | 多聴多読と英語コミュニケーション―多聴多読マガジン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/31524973

この記事へのトラックバック一覧です: Big Book―私の所蔵リスト:

« 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で | トップページ | 多聴多読と英語コミュニケーション―多聴多読マガジン »