« 本を揃えてしまう癖?! | トップページ | 秋の気配 »

2009年9月16日 (水)

Mary Poppins

私の小学校時代の3大愛読書は「まぼろしの白馬」「赤毛のアン」「メアリーポピンズ」でした。Mary Poppinsについてはまだブログに書いたことがありませんでしたね。ということで。

Mary Poppins  by P.L.Travers

小学校3年生の時に父が連れて行ってくれた映画「メアリーポピンズ」その後たぶん本も買ってもらったのだと思います。他の本も好きでした。並べますと5冊

Mary Poppins Comes Back

Mary Poppins Opens the Door

Mary Poppins in the Park

Mary Poppins from A to Z

懐かしいです。英語版は一番上と下だけ持っていて、一冊目は思い出なのでハードカバーを持っています。どの章も好きなのですが、イラストやMary Poppinsと書かれた字も好きです。日本語版は親戚の子に母があげてしまったため、とても残念ですが手元にありません。

こんなにマザーグースだらけなんだというのは大人になってから気づきました。不機嫌なナニーという設定はイギリスならではですね。レベルの高い児童書ですが、楽しめるかどうかはこの設定が楽しく思えるかどうか、それから言葉遊びに面白みが感じられるかにかかっています。teaを飲むのがこんなに大切な行事なのかなあと思った子供の頃がなつかしい。登場人物はお出かけしても親戚に行ってもteaを飲むのです。

色々思い出しながら、全刊揃えようかなあと・・・コンプリ癖はとまらない。

商品の詳細商品の詳細持っているのは2冊です

|
|

« 本を揃えてしまう癖?! | トップページ | 秋の気配 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/31395986

この記事へのトラックバック一覧です: Mary Poppins:

« 本を揃えてしまう癖?! | トップページ | 秋の気配 »