« 公民館で英語を教える | トップページ | 体の歪みを治す »

2009年10月 2日 (金)

American Girl :Meet Kaya

American Girl Kayaのシリーズ6冊が届きました。Nimiipuuというネイティブ・アメリカンの部族の少女Kaya の物語。1805年に初めて白人を彼らが見るのだそうで、その頃のKayaは50歳になるそうです.。本の後ろの解説では本の時代は1764年になっています。

馬を操りhorse大家族で暮らし、鮭をとったりfishベリー類をとったりcherryの狩猟生活をするNimiipuu族。Kayaの一番の自慢はSteps Highという美しい愛馬です。おばあさん、やさしい父母、姉と双子の弟、そして姉として育つ盲目のSpeaking Rain。家族の絆は強いです。そういう生活ですから、いいつけを守らなかったりすると一族を危険にさらすため、何かやってはいけないことを子供がすると子供たち全員が鞭打たれるのです。

Kayaの不注意で弟達が危ない目に会いみんなが鞭打たれた時、Whipwomanから「自分のことしか考えないMagpieだってKayaよりはまし」という言葉をもらい、それ以降他の子供から不名誉なあだ名Magpieをつけられてしまいます。Kayaは耐えられず不満をもらしますが、いったいどうなるでしょう?

馬が出てくるのでまた馬用語がいっぱいです。Heartlandを読みなれた人にはいいかしら?自然がいっぱいなので、そういう物語の好きな人には○ 本の最後には当時の風俗や歴史が書かれていてアメリカ史の理解に役立ちますよ。今までのシリーズKirsten, Kitとともに皆さんに読んで欲しいです。

あまりにも本が増えてきて・・・あまり読まれないシリーズを実家に置いてきました。図書館のバックヤードに本が増えるように。買った時には人気が出るかどうか、わからないのですよね。ではでは~

商品の詳細私は紀伊国屋で購入。

|
|

« 公民館で英語を教える | トップページ | 体の歪みを治す »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お元気ですか?お久しぶりです。
了解しました、ではのちほど~

投稿: ゆきんこ | 2009年10月 3日 (土) 06時56分

お久しぶりです。パソコン講師の峯岸です。時々訪問させてもらっています。
広く1期生2期生お互いのブログを訪問しあってもらおうと
アドレスを公開したいのですが、よろしいですか?
よかったらお返事を頂けると嬉しいです。
私の本日のブログにコメントをお願いしますね

ご一緒にお茶をどうぞ ブログまでお願いします

投稿: パソコン講師なお | 2009年10月 3日 (土) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/31603793

この記事へのトラックバック一覧です: American Girl :Meet Kaya :

« 公民館で英語を教える | トップページ | 体の歪みを治す »