« スピリチュアルムーン | トップページ | The 12 Days of Christmas by Robert Sabuda »

2009年12月 3日 (木)

半歩先を行く

多読指導をしていて気をつけていることは、私はたくさん読んでいる、という気持ちではなくて一緒に歩む気持ちで接すること、かといって全く一緒ではなくて半歩先に歩む気持ちでしょうか。少し振り返り振り返り、ほほ笑む感じ?

本を読み終わって誰かに聞いてもらいたいとか、あの人はきっとこの本の面白さをわかってくれるなあと思うことはありませんか?ちょっと聞いてください、と言って話をきいてもらうそんな感じが多読指導に近いでしょう。こちらから、語ることも多いのですが、耳を傾けて聞くことがもっとも重要です。

思い出したのは先日参拝した「モミジのお寺永観堂」のみかえり阿弥陀さまです。左にお首を傾けていらっしゃいます。永観というお坊様が行を行っていたところ壇から降りて先導をされて、驚いている永観に左肩越しに振り返られ「永観おそし」と声をかけられたという伝説があるそうです。美しい姿に感動しました。阿弥陀様は無理でしょうが、一緒に歩むという究極の姿ですね。この像の姿を心に刻みながら、小さい子から大人の方まで一緒に歩ませていただきたいです。

http://www.eikando.or.jp/eikando.htm 永観堂のホームページです。

|

« スピリチュアルムーン | トップページ | The 12 Days of Christmas by Robert Sabuda »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半歩先を行く:

« スピリチュアルムーン | トップページ | The 12 Days of Christmas by Robert Sabuda »