« Snowman雪だるま色々 | トップページ | クリストファー・ベルトンさんのホームページ »

2010年1月17日 (日)

The Lovely Bones―ラブリーボーン 映画と原作

もうすぐ公開が1月29日に迫るラブリーボーンです。年末見に行った映画で宣伝を見て、ぜひ行きたいなあと思いました。5年前に原作を読んでいて、とても感動したのでぜひ皆さんどうぞと宣伝いたします。(ボーンズなのに、日本語ではボーンというのが変なのと読んだ時に思いました)

http://www.lovelyb.jp/#home

スーサン・フィッシュという少女が乱暴されて殺されてしまう、と書きますととても暗いお話に聞こえますけれど、この作家Alice Seboldの文体・書き方が透明感があって、むしろ浄化されています。少女は天国から戻って家族に呼びかけ、嘆く家族になんとかしてどんな思いだったかを伝えようとするのです。

色々映像技術が進歩したので、こういう作品も描きやすくなったのでしょうが、女の子役のシアーシャ・ローナンの愛らしさも作品に合ってているように思えます。とりまくキャストもなかなか豪華でいい配役です。期待が高まります。暗さよりも悲しみを乗り越えての癒しや愛を感じられるのかなと思います。今日は私の父の三回忌。

商品の詳細

|
|

« Snowman雪だるま色々 | トップページ | クリストファー・ベルトンさんのホームページ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/33014662

この記事へのトラックバック一覧です: The Lovely Bones―ラブリーボーン 映画と原作:

« Snowman雪だるま色々 | トップページ | クリストファー・ベルトンさんのホームページ »