« Meet Rebecca: American Girl | トップページ | Sara Paretsky: Hardball »

2010年1月25日 (月)

内田樹「こんな日本でよかったね―構造主義的日本論」

前に勝手に弟子入りということを書きましたが、勝手に弟子入りしている先生のひとりが内田樹先生、さくっと45分で読める和書もはさみましょう。ブログを書いてらっしゃるので、そこから文庫化したそうです。だから味は軽くてライトボディーwine

内田樹の研究室http://blog.tatsuru.com/

面白いから興味がある人は読んでください。やや固い話も混じる「ツチヤの○○」みたいな感じです。深いけれど軽い、老舗のどら焼きみたいな味わいです。栗どらかなあ。

最近新書が売れているので税金が大変かもね、と勝手に心配したくなります^^今回の中では将来の夢というのはいくつか持っていたほうがいい、あれもいいこれもいい、そう思っていてその中のひとつが本当になるというくだりがよかった。私もそう思う。色々あれこれ夢見ましょう。ひとつも何も考えなくてはかなうわけないでしょー。

人間はあることができるようになると、こうなったのはあの時こう思ったからだと遡及して理由をつけるそういう生き物らしい。私もいつもそうですけれど。構造主義って面白いですね。専門書を一冊ぐらい読んでみようかしらん。

サラパレツキーは忙しいながらも読み進め、あと数十ページになりましたheart04 ここからは一気に読みたいので、間合いをはかります。さすが7年たつと読み方の達人になるなあ。おいしいワインの飲み方味わい方とかと同じでコツがいります。

商品の詳細読書会の皆さん、和書もお貸ししますよ、御連絡を!

|
|

« Meet Rebecca: American Girl | トップページ | Sara Paretsky: Hardball »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/33116187

この記事へのトラックバック一覧です: 内田樹「こんな日本でよかったね―構造主義的日本論」:

« Meet Rebecca: American Girl | トップページ | Sara Paretsky: Hardball »