« 多読図書の整理 | トップページ | 2月の幼稚園クラス »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍問題

朝青龍がとうとう引退しましたね。何度も問題を起こしていたので、もう今回はラストストローですか・・・

私は大相撲はあまり見なくて、詳しいわけではありませんが、祖母が健在だったころまた父がよく見ていた頃は見ていました。先代貴乃花や輪島の取り組みや北の海千代の富士時代は、強い横綱が二人いていつも面白くずっと人気がありました。日本の社会が変化して海外の人を受け入れないと相撲も続けられない、これはひとつの縮図でしょうか。

別に相撲でなくても、野球選手やボクシングの選手が一般の人をなぐったり、酔っては問題をおこしたりしたら、すぐに解雇・引退になるでしょう。甘くしていた今までの相撲協会の姿勢が悪かったと思います。モンゴルではたぶんある程度成功した人に対しては、さほど規則が厳しくないのかもしれませんが、他の国では通用しないというのはもっときちんと説明すべきでしょう。

今日本の雇用も変わり、海外から多くの人を受け入れています。摩擦があってもそれが主流になったなら、ルールを作らなければなりません。もっと説明できるように、コントラクトを作り文書で説明するとか、外国の人にもわかりやすくしないと、それが常識でしょ、というのでは通じないでしょう。違う形の才能を受け入れつつダイナミックな日本になれないのでしょうか。

|

« 多読図書の整理 | トップページ | 2月の幼稚園クラス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍問題:

« 多読図書の整理 | トップページ | 2月の幼稚園クラス »