« 1週間アメリカのポートランドに | トップページ | 最近の私の教室 »

2010年3月10日 (水)

触れ合う機会を持つ―ライブが最高!

今回のMusic EdVenturesのワークショップどこが素晴らしいかともうしますと、とにかく徹底的にライブなのです ライブです 時間帯を指定されてのプレゼンですけれど、ほぼ90パーセントが詩を読んでその内容を話しシェア、歌を歌ったあとみんなでSong Playとして遊ぶなどライブ、英語圏のものばかりでなく世界の他の地域の歌や楽器も飛び出して民族色も色々です。ライブだからこそ、興奮するし楽しめます。日本の多くのワークショップ、つまらなくはないですか?だからこそ児童英語多読研究会はライブで行きたい!のです。

こうしてブログを書いたりツイッターを書きこんだりしていますけれど、ネットの時代だからこそ生の触れ合いが大切で人は求めています。遠くの地域から人をお呼びしたり、会場を用意してライブ的なワークショップを開く、誰か一人に講演していただくよりはるかに時間がかかり手間もかかりますが、感動できるもの即役立つもの、人と人がつながっていける・高めあえるもの欲しいじゃないですか!

今回のワークショップ、アメリカ・カナダの参加者の皆さんとハグをし肩を抱き合い、再会を誓いましたけれどただ一方的にお話を聞くような形では楽しくなかったでしょうね。ハグにはならない(笑)鹿田尚樹さんの「読むが価値」のブログにも同じような趣旨の記事がありました。こちらもどうぞ。そして面白い試み・ムブメントを一緒に起こしましょう。もし面白いものがないなあ、と思うなら自分で作りましょうよ。

http://blog.seesaa.jp/tb/143183575

でもどこかの会、ここは素晴らしいという会に参加し続けるとそこにはきちんと元になるフィロソフィー・理念があることにつくづく気付かされます。物まねはね、結局だめなの。何をしたいかと問われた時にはっきり言える何かを持ちましょうね。そこ大事

|

« 1週間アメリカのポートランドに | トップページ | 最近の私の教室 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オレゴンにはワインあるんですけど、飲む暇がありませんでした(笑)
ワークショップは大変に楽しくて、有意義でした。それからこちらにも発信できることがたくさんあるなあとも思いました。
また会いましょう~

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2010年3月10日 (水) 20時22分

ゆきんこさん、こんにちは。
アメリカに行ってらしたんですね。
いろんな国の人が参加するワークショップに実際に参加するのは、ほんとうに意義深いですよね。
双方向、否、多方向に交流しあえるし。
あー、ポートランドのワイン、飲みたいなあ(笑)。

投稿: Hyde | 2010年3月10日 (水) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 触れ合う機会を持つ―ライブが最高!:

« 1週間アメリカのポートランドに | トップページ | 最近の私の教室 »