« まだまだ寒いー乱高下 | トップページ | 一昨日のエドベンチャー »

2010年4月24日 (土)

田口久美子「書店繁盛記」

英語の本を多く読まねばならないのですが、疲れていて電車の中では読みにくいなあと思いエキナカの書店で見かけた一冊です。

田口久美子「書店繁盛記」 ポプラ社

これは多読をしている皆さんには面白い一冊だと思いますよ。書店に足を運ぶ機会が多いでしょうし、何よりアマゾンなどインターネット書店のハードユーザーですから。田口さんのお勤め先は池袋のジュンク堂で、私も何回か行ったことがあります。その前にお勤めだったのがリブロ、これまた行ったことがある。何度か行ったことのあるジュンク堂新宿店の開店準備のてんやわんやも書いてあります。

私が惹きつけられたのはアメリカのパウエルズ書店について書かれたところです。新書と古書を同時に売る手法はすごいですし、棚の並べ方本の選び方は素晴らしかった。著者は行かれていないのですが、ご友人が行かれた経験について書かれています。そして日本書店の最大のライバルアマゾンについてはた@@っぷりと。私はアマゾンが好きではありませんが、よーく使っています。やっぱり便利さには勝てないからです。内輪の話は大変面白かった!

私は本を多く読み、買う者として「書店繁盛儀」のような本がもっと出たらいいのになあ、もっと書いていただきたいなあと思います。実に面白いし、書店さんと付き合い方も多少は変わると思います。ただ悔しいけどアマゾンのすごいところは、あと何冊とかあることもですが、サイズもわかるし、書肆情報も載っているからです。そしてコメントも載せられるようになっている・・・・クリックひとつで明日届く。影の部分、負の部分はあるでしょうが。

日本は書籍大国でありながら、書評が本当にせこいと思うのです。つまらないです。インターネット上には多少面白いものもありますけれどね。みんな書評をもっと書いて読みましょう。もっと変えていけるところがあるはずです。ちなみに私はジュンク堂の平積みしない陳列法が好きではありません。洋書を買うことが多いですが、洋書はやはり紀伊国屋軍配、そして一応先日、本を出した経験から言うと、陳列が一番的確でしたのは丸の内オアゾの丸善さんでした。近かったら丸善を使うでしょうが、色々出先で一番行きやすいのは新宿紀伊国屋です。

そしてどこででも売っている本に関しては、ポイントが溜まるからTSUTAYAで買う今日この頃。Tポイントは最強です。ではでは~

|
|

« まだまだ寒いー乱高下 | トップページ | 一昨日のエドベンチャー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

シンさん、ありがとうございます。私も他の本も読んでみますね。
田口さんとはきっと会ったら気が合いそうな…気がします。

県活の皆さん、色々連絡を取り合っていらっしゃるのですね、私はがんばれ~と遠くからエールを送ります。私のブログを見ていただければおわかりかと思いますが、すでに私の生活は「多読」で常にフルな状態なのです。学業も増えてさらに大変!
ブログを書いてみて、本当に良かった!と思っていますので、皆さまにどうぞよろしくお伝えください。

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2010年4月26日 (月) 08時12分

田口さん本人が「あまり売れていないのよ」と
ブツブツ云いながら無理に買わされた本があります。
そのことを私のブログに書いています。
よかったら覗いてみてください。
本人にゆきんこのページを転送したら、
「うれしい」という返事が返ってきていました。
http://shinzos10.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/826-b56d.html

投稿: シンさん | 2010年4月26日 (月) 07時30分

こんにちは、ありがとうございます。
田口さん、お友達なのですね。「書店風雲録」も読んでみたいと思いました。
リアル書店、ネット書店という言い方も定着中ですね。
なんだかんだと言っても、結局日本では活字文化は盛んなわりに、ジャーナリズムを育てるところがないのかなあとも思うのですね。
一番ダメなのが大学だから。
田口さんによろしくお伝えください。
今後もどうぞ著作を続けてくださいますように。

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2010年4月25日 (日) 07時39分

久し振りにお邪魔します。
わが畏友、田口久美子の本の書評でしたので
本人に転送しておきました。

投稿: シンさん | 2010年4月24日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/34361958

この記事へのトラックバック一覧です: 田口久美子「書店繁盛記」:

« まだまだ寒いー乱高下 | トップページ | 一昨日のエドベンチャー »