« ジェイン・オースティンとイギリス文化 | トップページ | Humpty Dumpty 再開です »

2010年5月 8日 (土)

アメリカ史は面白い

アメリカの文化と歴史という科目をとっているのですが、なかなか面白いです。それに多読をしているのでけっこう簡約版は読んでいます。今のところ出てきたもので、簡約版が出ていて読んだものは三つ。

Pocahontas          OBW1

Gone with the Wind   PGR

Amistad                  PGR

それぞれアメリカ史の中では重要な事件を扱っています。授業では映画なども見ています。ちなみにGone with the Wind   は映画もDVDでお貸ししていますので、ぜひご覧になってください。アメリカ史として見るならまた見方も違ってくるはずです。

どれも厚い原書では読みにくいお話ですので、俯瞰するには簡約版でも十分。他にも伝記や絵本、小学生向きの読み物で知識は十分得られます。とりあえず背景知識を増やしていけば、旅行ですとかお友達との会話にも役立ちます。

商品の詳細商品の詳細商品の詳細商品の詳細

|
|

« ジェイン・オースティンとイギリス文化 | トップページ | Humpty Dumpty 再開です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

フーミンさん、こんにちは。
私も以前はイギリスのほうが・・・という気持ちでした。
でも、エドベンチャーはアメリカの組織、そしてアメリカのメソッド、3月に行って色々お話も聞き生で感じられたので、それもあって親近感が増しました。
歴史も他の国よりは短いのですけれど、文学史と一緒に追うなら、やはり楽です。それから映画もあるし。
そのうち夏休みにでも、歴史年表と手持ちの本とをまとめて、皆さんに読んでいただける資料を作ろうと思います。
出来ると思う!いいでしょ!
また遊びに来てくださいね。

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2010年5月13日 (木) 00時09分

学生生活、楽しんでいらっしゃるみたいですね♪

私が学生のころは、イギリス専攻でしたが、教員免許の関係でいやいやアメリカも履修していました。
あまり真面目にきいていなかったような記憶が・・・
今思えば、もったいないですよね。。。両親ごめん!

アメリカに関する本があったような気がします。。。
捨ててないとは思いますが?
あれば送りましょうか?? 必要かどうかはわからないですが。


勉強したい時期に、勉強するのが一番ですよね!
社会にでてそう感じました。
もちろん、学生のときイギリスにはまって学んでいましたよん♪

投稿: フーミン | 2010年5月12日 (水) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/34583707

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ史は面白い:

« ジェイン・オースティンとイギリス文化 | トップページ | Humpty Dumpty 再開です »