« のだめカンタービレ最終楽章後編 | トップページ | ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち »

2010年5月 3日 (月)

ナムプラーを食卓に

ナムプラーというタイ製のお醤油をご存知ですか?タイ料理の多くに使われている醤油でしょっつるのように魚で出来た魚醤です。一本買っておくと便利ですよ。ただし、日本製は買っちゃダメ、まずい。デパ地下など海外素材を売っている店で買ってください。「味露」と書いてあるのとか「天秤」のマークのものがおいしいです。

サラダから炒め物、それから何と言ってもおいしいのはチャーハン。タイではカウパット、と呼ばれています。カウはごはん、パットは炒めるです(笑)特にカニチャーハンがおいしいのですけど~今朝出かけるので、茶柱くんのためにチャーハンを作っていて、ああ、しばらくナムプラーを買っていないと思いだしたのでした。

タイでおいしいのは、高級料理もですが、普通のそのへんの方がパクパク食べている屋台の料理で・・・特に麺類、そしてカウパットはめちゃおいしい。なぜかタイではこれに目玉焼きが乗っていて、飾り切りしたきゅうりとトマトの薄切りで飾ってあります。それに少し味付けしたお酢とか唐辛子をかけておいしそうにほおばるタイ人たち。ううう、おいしそう。思い出す。

魚の風味が香ばしいのですね。日本や中華料理のチャーハンよりずっとおいしいです。カウと名がつくタイ料理はすべてごはん物。他にもカウラートナー(あんかけごはん)、カウトム(おかゆ)、などなど。日本もタイもお米の文化、稲作文化なのですよ。そこが日本人の心にぐぐっと来る理由ですね。そして麺類も白いものはお米の麺です。おいしいです。タイに行った気分で作ってみませんか。ただ、色が薄いわりに、味はしっかりしょっぱいので、多く使わないように気をつけて。タイではナムプラーも使うけど、少し塩コショウも加えて味付けするようです。

ちなみにタイでお料理はかなり習いました。日本でも2年ぐらいタイ料理講師もしていました。食べたい方は・・・遊びに来てね

|

« のだめカンタービレ最終楽章後編 | トップページ | ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。コメントありがとうございます。
タイでは生春巻きには辛いたれをつけますが、ナムプラーはつけないかな。
ちなみに春雨とかのスープにも入れますし、ラーメンの味付けもこれです。サラダもです。マナオと呼ばれるタイのレモンとお砂糖少々とナムプラーで味付けしたサラダが多いです。
そのうちにレシピーをお教えしましょう。暑くなるとタイ料理食べたくなるんです^^

投稿: ゆきんこ | 2010年5月 3日 (月) 22時46分

ゆきんこさん、こんばんは。
御家族がそろったのですね。おめでとうございます。
さて、ナムプラーですが、我が家では春巻のタレ(?)に使用しています。ニンニクとショウガのみじん切りを入れて、レモン果汁とナムプラーと砂糖を適宜混ぜて、春巻きにちょっとつけて食べるのです。
米国在住の友人がベトナムの人に教えてもらったそうです。
それ以来20年くらいずっとナムプラを使っています。くせになる味と香りですよね。他に使用法を知らなかったので、春巻一辺倒でした。
今度詳しい使用法を教えてくださいね。

投稿: sunset | 2010年5月 3日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナムプラーを食卓に:

« のだめカンタービレ最終楽章後編 | トップページ | ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち »