« 小野寺健「英国的経験」 | トップページ | 昨日の小1クラス »

2010年6月 5日 (土)

Let's-Read-and-Find-out Science

中高生の多読クラスですが、わりあいにノンフィクションよりもフィクションを好みます。たまたま高校生に理科系の人がいるので、できたら科学系のやさしい読み物を読んでほしいと思っています。理科系で英語が抜群の人材を育てたいですよね。そこで次のものを勧めてみました。

Let's-Read-and-Find-out Science

とりあえず「What Makes a Magnet?」

を勧めてみると、大丈夫そうでした。一冊ずつでいいから読んでほしいです。化学の物質名や物理の公式などでも、英語が元ですから英語で少し触れておくと、あとが大変楽なはずです。勉強になるから、という言葉に素直にうなづいてくれる子は意外に少ない。

私が高校生の時はなぜか知らないのですが、簡単なGRを少し買って読んでいました。また授業、特に現代国語で出てきた話題の本は必ず図書館で借りたり買ったりして読んだものです。そういう姿勢は大事なのですが。私のいた高校は全国に名をとどろかすなどという学校ではありませんでしたが、クラスで現役での国公立大学への進学率は大変高かったと思います。授業内容は大学の教養課程並みでした、今思えばですが。

今って物はあふれ情報はあふれているのに、モチベーションは下がっているのですよね。とても残念なことです。

商品の詳細どんと50冊も買うというより、良さそうなのを20冊でいいと思えるシリーズです。500円は安いと思います。置いてあるところで読ませてもらうか、ブックガイドでお勧めのもののみ、アマゾン購入も可かもしれません。

|
|

« 小野寺健「英国的経験」 | トップページ | 昨日の小1クラス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/35067588

この記事へのトラックバック一覧です: Let's-Read-and-Find-out Science:

« 小野寺健「英国的経験」 | トップページ | 昨日の小1クラス »