« 昨日の小1クラス | トップページ | 日本社会と同調圧力、そして英語 »

2010年6月28日 (月)

Loose Toothの本色々

歯がぐらぐらのお友達がいましたよ、というおはなしを昨日しましたね。欧米の絵本にはもう歯の抜け変わるおはなしが多いのです。そしてその歯をどうするかというと・・・・というのも文化の違いですね。

もちろん枕の下に入れておくとコインに変わるということで、子どもたちは楽しみにしているのですが・・・それにしても色々なトリックがあるようです。色々なシリーズに一冊はあるかもしれないこの歯のおはなし探してみてくださいね。

もちろんORT, AARなどなど主要なシリーズには必ずありますよ。私の持っている中ではこんなものも面白かったのでご紹介を。

Arthur's Tooth

Dear Tooth Fairy

Dear Tooth Fairyは女の子が妖精さんにお手紙を出すのですが、絵本全体にお手紙がくっついていて、封筒から取り出して読めるようになっています。女の子ならすごく好きな絵本。アーサーは誰でも読める安心のシリーズです。歯が抜けるのもなかなか大変ですよね。子どもにとっては大事件。だから絵本になっているのでしょう。色々読んでお楽しみを。掘り出せばこれは色々あるお話ばかりです。

商品の詳細商品の詳細  

|
|

« 昨日の小1クラス | トップページ | 日本社会と同調圧力、そして英語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/35539983

この記事へのトラックバック一覧です: Loose Toothの本色々:

« 昨日の小1クラス | トップページ | 日本社会と同調圧力、そして英語 »