« 昨日の小1クラス | トップページ | 「リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ」 »

2010年6月 7日 (月)

高校時代を思い出す日々

忙しくて宿題に追われ予習に追われています。今週も発表が一つ、レポートが二つ、来週初めの発表が一つ、というぐあいです。土日に最初の発表を大部分、レポート一つを仕上げましたが積み残して月曜日になってしまいました。寝不足の中週の通学の間に仕上げるととても大変です。

とはいえ、仕方ないです。土日が暇かというとそうでもないからです。ここまでではないもののしっかり勉強していた高校生の頃を思い出します。私の行っていた高校は今のような受験風景ではなくて、ほとんど受験対策をしなかったのですが、その代わりというか専門的なことをしっかりやらせるところでした。古文は高2で源氏物語を1年間取り組んだり、日本史でもほとんど穴埋め問題などなく、記述式だったりで大学のようだったのです。

そのうえなぜかみんなよく本を読んでいたので、「世界の歴史」を全部読むのが流行っていれば全部読み、(一冊じゃない、全巻です)、谷崎源氏が流行ればこれも読むなどなどそれが当たり前だと先生も生徒も思っていました。今の大学院ではそんな感じですから、とても雰囲気は似ています。

そのうえ、大学は少し小高い山にあり、途中の坂や緑の茂りぐあいも高校に劇似なのでよけいに高校時代を思い出します。一つだけ違うのはコピーやパソコン・携帯がなかったことです^^当たり前だけど。何でもせっせと手で写していたのは、大変だったけどエコだし、いい面もありましたねでも人間は不便には戻れないのでした。

|

« 昨日の小1クラス | トップページ | 「リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校時代を思い出す日々:

« 昨日の小1クラス | トップページ | 「リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ」 »