« 日本多読学会の年回が開催 | トップページ | 日本語と日本人、英語との関係 »

2010年7月11日 (日)

言語学理論は面白い!

朝早く起きた主人につられて一緒に起きてしまいました~全米女子オープン日本選手はみんな上位です。すごいです!私はとりあえず朝からレポートなんですけどね。

全然本の紹介がないなあと思っていらっしゃるかもしれませんね。そうそう、もう時間がなくてよけいな本を一切読めないのです。せっせと読むのは言語の理論書ばかりです。でも、面白いのですよ。これだけ一冊あげなさいと言われると辛いけれど、これを読むと次はこれ、次はこれと芋づる式に出てきます。

8月に入れば普通に多読もできる日々になるでしょうから、どうぞ本の紹介はあまりないということでお付き合いください。特に絵本が読めませんね。本当に。言語理論の基本的なものを少しあげてみようかなとも思うのですが、厚くて高いのでお勧めしかねます。

とはいえ、今大学院の勉強が何とか滞りなく進んでいるのは、以前から少しずつ本を読んでおいたからです。学部でしっかり勉強した直後の人はまだいいでしょうけれど、応用言語学、TESOLの勉強をまったく基礎なしに始めるのは無謀ですし、辛いheart04

でも、ここで勉強すべきことも大切ですが、常日頃から教えるにあたって、これはどうしてだろう?とかもっといい教え方あるのかな?とか・・・色々な疑問が大切なのです。それを解決するために、理論や学問があるのですから。リサーチ・クエスチョンがあるからレポートも論文も書けるのです。勉強だけが宙に浮かんでいるわけではありません。

昨年多読学会で発表した内容も、一年たっていますが、途中で浮かんでいた疑問点やこれは役立つかなと買っていた本、気になっていた用語などなど、今きちんとおさまるべきところにおさまり、形をなしつつあります。最初はもやもやした小さな??の固まりでしたが、少しずつ形が整い磨きをかけています。もう少し、もう少し。

|
|

« 日本多読学会の年回が開催 | トップページ | 日本語と日本人、英語との関係 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/35710220

この記事へのトラックバック一覧です: 言語学理論は面白い!:

« 日本多読学会の年回が開催 | トップページ | 日本語と日本人、英語との関係 »