« World Englishes世界としての英語と難民など | トップページ | 昨日のエドベンチャー »

2010年11月25日 (木)

木の実を飾る

酒井 英子 遠山 孝之「木の実を飾る」

この本を持っています。たぶん図書館で見ていいなと思い、その後古本屋さんにあったので購入したのだと思います。ヨーロッパ風に木の実でリースやキャンドルの周りの飾りを作るのですが、冬を迎えるための伝統的な飾りです。とてもきれいで心が惹かれました。

たぶん都会に住んでいらっしゃるなら買ったほうがいいのでしょう。私のところではどんぐりや松の実が拾えますし、つるうめもどきを下さる方や、自分の家の薔薇の実もあるので作りたいのですね。自然の中で生きていく幸せはそういう時です。もともとはそういう身の回りのもので作ったはずです。

飾り方によってはお正月用にもなりますので、少し長く飾りたい。以前国際交流をしていた頃、地元のドイツ出身のお友達が、ドイツのクリスマス料理を作り、リンゴで可愛いサンタさんを作ってくださいました。それも時々作ります。可愛いですよ。買ったものもいいですが、少しずつ手作りのものも足してあげたほうが、クリスマスも心がこもります。もう11月も末ですもの。松の実と薔薇の実はもうスタンバイしています。

商品の詳細

|
|

« World Englishes世界としての英語と難民など | トップページ | 昨日のエドベンチャー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/37832410

この記事へのトラックバック一覧です: 木の実を飾る:

« World Englishes世界としての英語と難民など | トップページ | 昨日のエドベンチャー »