« 資料を整理しよう | トップページ | 王室を開かれたものにしたら、人気が落ちた »

2010年11月21日 (日)

ウィリアム皇子のご婚約とダイアナ妃の本

イギリスのウィリアム王子がケイト・ミドルトンさんとの婚約を発表されましたねheart04 また世紀の結婚式が見られるかと思うと今から楽しみです。おめでとうございますと心から申し上げたいです。新聞には記事が踊っています。

ダイアナ妃が亡くなってから王子も随分成長されましたね。ケイトさんの薬指に光るダイアナ妃の形見の指輪がお二人の幸せをこれからも見守ることでしょう。さて、王室について書かれた本はやはり英語学習には欠かせませんよね。先日もレッスンの折にその話をしましたら、ホームズ君が読んでくれたのはOxford Factfiles(写真左上)でした。それからメアリー女王も持って帰ってくれました。大学生になったら、イギリス史やアメリカ史もかなり深く勉強する必要があります。私自身もこれらの本を読んでおいてよかったと、今助かっていますからね。

ダイアナ妃について書かれた本は大変数が多くマクミランにもペンギンにあり、こちらも持っております。ぜひどれか一冊を!上二つは旧版のOxford Factfilesです。下はそれぞれペンギン版、Oxford bookworms, マクミランです。下の三つにはCDもあります。歴史を学ぶことは今を知ることです。私たち大人でも歴史を知ると色々面白いのです。子どもたちに伝えていくためにも、しっかり読みましょうね。

商品の詳細商品の詳細

商品の詳細商品の詳細商品の詳細

|
|

« 資料を整理しよう | トップページ | 王室を開かれたものにしたら、人気が落ちた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/37765284

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアム皇子のご婚約とダイアナ妃の本:

« 資料を整理しよう | トップページ | 王室を開かれたものにしたら、人気が落ちた »