« いよいよハリポタが始まる | トップページ | ウィリアム皇子のご婚約とダイアナ妃の本 »

2010年11月20日 (土)

資料を整理しよう

資料の整理の本や雑誌の特集が、数年前から本当に増えています。そこに勉強の効率化仕事の効率化のポイントがあるからでしょう。皆さんどうされていますか? 児童英語の先生方、多読の先生方は特に多くの書類が溜まっていくのではないでしょうか。

一般の会社の方以上に上記の先生方には資料整理が重要ではないでしょうか。まずある程度時系列は仕方がないにしても、ある勉強会や研究会のものはそれ専用のファイルを作ること、しっかりラベルを貼る、例えば「エドベンチャー2010年1月~10月」とか、必ずタイトルにはいつからいつまでのものかを貼ります。また特に重要とかのものにはそのファイルのページにインデックスを上からわかるように貼って、重要ならピンクとか、種類によって(歌とかマザーグースとか絵本とか)色を使い分けて、わかりやすいようにマークします。

一番大事なのはさっさとファイルすること。それからもらったすべての書類に必ず日にちを入れます。私は2010年11月20日なら101120と6ケタで入れていきます。あとから何なのかわからなくのを避ける最も簡単な方法です。以前はせっせと取った音源ですが、最近は聞き直すのも面倒なのであまり聞き直さないです。一応は取るのですけれど。エドベンチャーの場合その場で覚えきっていないものは、ほとんどもう一度やることがないのが私の例。その場で覚えきったら・・・必ず次どこかで使うんだなあ。大部分楽譜があるから、再生できるしね。

これだ!という良いプログラムや実践は他の自分にとってかなり可愛いとかお高いとか、いいノートに書きぬくなどして、特別に取っておきます。それは宝物です。また多読関連のもの、多読学会などはやはり大きな研究会や年に一度のものなどはその1回のもののみにしておきます。そして数年たったら見直して、いらないものは少し減らします。特に出版社の方からいただく資料はその時は新品ですが、いつも新しいものをいただくわけですから、あまり古いものは不要です。捨てましょう。

7年たったので、多読に関してはきっちり進んでいるのです。毎年どんどん新しいシリーズなどが出てきていますが、ある程度のコンセンサス、こういうものだという枠組みが出来ているといってよいでしょう。そういうものを意識しつつ、自分のところらしい取り組みができるといいですね。年次予定や年間計画なども別に一冊にしておくとか、自分のアイテムごとにしたらオリジナリティーがありますしいいと思います。私は一番のお気に入りは、幼稚園クラスの実践の記録です。では~

|

« いよいよハリポタが始まる | トップページ | ウィリアム皇子のご婚約とダイアナ妃の本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資料を整理しよう:

« いよいよハリポタが始まる | トップページ | ウィリアム皇子のご婚約とダイアナ妃の本 »