« 年末大掃除 | トップページ | リスニングと文脈と意味の取り方 »

2010年12月27日 (月)

時間が足りない冬休み~

本当に本も読んでいるのですが、ブログに載せるにはちょっとな理論の本ばかりなので、載せるわけにもいきません。この間読んでいたのは枕ぐらいの厚さがあったので、美容院に持っていって本当に驚かれてしまった。そうだよね、厚いよね。でも小説と違って、理論の本で厚いのは色々な人が書いているからの場合も多く、頭から最後まで読む必要もないのでした。

小説もですけれど、理論の本にも著者の文章のリズムがあるから、なんだかあまり好きじゃない書き方の人もいれば、何言ってんだかわからない人もいれば、とてもわかりやすい人もいます。リーディングと言っても、周辺分野は広いので、こんな分野を選んだことを後悔はしないまでも、なんだかなあ、大変にゃと思います。

皆さん、多読を楽しんでいますか?私はそれでも多読を始めてよかったと思います。一人で始めて1年後多読という言葉に気づきましたので、約8年になるのですよ。日本語読んでいる時間の何倍も英語の本を読んでいるなんて、若いころには想像もつかなかった。英語多読を続けたおかげで、研究をしようと思ったのですから、この8年を無駄にしないようにがんばろう!

もちろん本を読むことは大切なのですけれど・・・ただ座って読んでいたのではあまり意味がない。英語の色々な面、第二言語を学ぶ色々な側面を考えるためには、自分自身の言語体験を深めて肉体化していることも必要です。ただ、人の体験をふむふむ聞くのでは肉体化はしないのですよ。

だから、留学するのもよし、旅行もよし、英会話習いに行くのもよしです。色々な先生に習った経験が、自分でも教えた経験が、研究に独自の視点を与えます。自分で疑問がいっぱいになって、これに応えるには勉強しかないと思ってから研究に入ったのでこう思えます。研究者にも色々なタイプがいらっしゃるでしょうが。もっと理論が自分の言語体験に+に働くよ!ということを皆さんにお伝えしたいです。

|

« 年末大掃除 | トップページ | リスニングと文脈と意味の取り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間が足りない冬休み~:

« 年末大掃除 | トップページ | リスニングと文脈と意味の取り方 »