« 自分の故郷はどこ | トップページ | Stone Soup by Marcia Brown »

2011年2月 9日 (水)

付箋を貼って読む

今特に重要な本、読み飛ばすわけにはいかない本には付箋を貼って読んでいます。すべての本にそういうことはしませんが、やはり忘れていけない本には線を引いたり、付箋を付けたりしないと。

特に線というのはそのページに来ないと見ることができない。当たり前ですけど。でも付箋なら閉じた状態でも、ここらへんに何が書いてあったとか、ここが重要なのねというのがわかります。だから付箋。そして可能なら色を変えてもいいかもしれません。ピンク、ブルー、黄色など。

昔はこんな便利なのなかったですから、幸せだなあ。私の高校時代に「知的生産の技術」が流行り始め、それは画期的なことでした。そしてノートを取るより京大式と呼ばれるカードが流行りましたね。それを使う人は今でもいらっしゃると思います。文章をまとめていくためには、それも良い方法です。

読まなければいけない本はすべてこの春読む!というのがこの春の目標です。そして論文も主な物は読む。そして「リーディング」をテーマにしている私にとって、自分のリーディングを高めることはリーディング指導の方法に対する気づきにもつながるのでおろそかにできません。ですから、付箋を貼るのもこれはりっぱな「ストラトジー」です。

|

« 自分の故郷はどこ | トップページ | Stone Soup by Marcia Brown »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 付箋を貼って読む:

« 自分の故郷はどこ | トップページ | Stone Soup by Marcia Brown »