« 非常用持ち出し袋 | トップページ | 今月のエドベンチャーは中止 »

2011年3月16日 (水)

世界各国からの援助と友情

今回の東日本大震災の規模の大きさは未曾有ですが、世界各国からは援助の申し出が多数あり、日本の対応に対する称賛の声は高いようです。国レベルでもですが、個人レベルでも多くの対応が望まれます。亡くなった方々、ご家族の皆さまにお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々に対しては一日も早く食料などが届けられ安全が確保されることをお祈り申し上げます。まだ個人レベルでは募金をするぐらいしかできませんが、あまりにも何もしなくて経済活動そのものが停滞することも今後のためには良くありません。

私にも多くのメールが海外から届いていますが、皆さん心を痛め日本のことを本当に心配しています。本当にありがたいことです。なるべく正確に伝え、今の私たちの本当のところを話していきたいですし、またそのような友情こそ本当の絆の元になるのだと思います。お互いにそれを大切にしたいです。

日本にいる外国人の人々もかなり怖いということでおびえていらっしゃることでしょう。新聞報道によるとそろそろ国外に出ようとする方も出てきているようです。無理もありません。もし身近に外国人の方がいらっしゃるなら、声をかけてあげてください。私は大学の仲良しのモンゴル系の中国人の方にメールしましたが、奥さんや友達と一緒にいるので心配ないとのことでした。でも、日本語が不自由ないとはいえ不安のようです。4月に会えたら色々話せるでしょう。

タイにいた1992年の「暗黒の5月事件」が私の中での自分が実際に体験した世界史的出来事ナンバー1だったのですが、今回の地震も自分の人生における大きな出来事となりました。どのように過ごしたのか、どう考え、どう報道を受け止めたのかを記録しておきたいです。

今週来週は多くの予定があったのですが、すべてキャンセルとなりました。使っている公民館等が3月いっぱいはすべて使えなくなったからです。また大きなシンポジウムも予定されていましたが(どれほど楽しみにしていたことか!)、こちらも未定ではありますが順延になりました。残念ですが仕方のないこととあきらめ、せめて今できることは滞っていた色々な記録をきちんととったり、身の回りを整理したりすることです。暖房節約のため少し寒いので多めに着てがんばりましょう。

|

« 非常用持ち出し袋 | トップページ | 今月のエドベンチャーは中止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界各国からの援助と友情:

« 非常用持ち出し袋 | トップページ | 今月のエドベンチャーは中止 »