« Disney :Tangled Rapunzel's Tale | トップページ | 田野畑村とたのはた牛乳 »

2011年4月28日 (木)

マザーグースの本色々

マザーグース、発祥の国イギリスではナーサリーライムズですが、大学院ではこの科目をしっかり取っています。昨年もあったのですが、今年は少し趣が変わり文学よりの視点で開講されたものです。面白くて毎週わくわく! 昨日はケイト・グリーナウェイやクレーンの美しい初版本も見せていただき、たっぷりと素敵な世界に浸かってまいりました。

本当に多くの本がありますので、どうぞどうぞなのですが、日本で出版されているものはさておいて・・・必ずお持ちくださいな本を紹介いたします。

The Oxford Dictionary of Nursery Rhymes       Edited by Iona and Peter Opie

イギリスではナーサリーライムズというのですが、アメリカに渡りマザーグースと名前を変えました。1000とも言われる多くの歌、というより詩なのですが、口ずさむと本当にゴロがよくて何度も歌えます。英語圏の人ならだれもが口ずさむものです。英語の基礎には欠かせません。その中でもオピー夫妻といえば、研究者として本当に有名なご夫妻で多くの関連の本があります。

英語で書かれたものを読める方なら、そしてナーサリーライムズに興味のある方ならぜひ一冊は欲しいオピー夫妻の本。色々聞いたことのあるものも、絵本になっているものもみんな本はナーサリーライムズだと知ると驚かれる方も多いのではないでしょうか。汲めども尽きぬ泉、永遠の喜びの象徴、黄金色の子ども時代の宝物。そんな本だと思います。いつの日かマザーグスを楽しむコースを設定してみたい、そんな夢を持つ私。一気に理解するのは大変ですから一つずつ味わってみてくださいね。

買うたびに表紙が違うなあ。私の持っているものと先生のものと中身同じで表紙が違うのですが、今アマゾンで見るとこれとも違います。

商品の詳細

|
|

« Disney :Tangled Rapunzel's Tale | トップページ | 田野畑村とたのはた牛乳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。smileさん。
ぜひいつかね。考えてアイディアを温めて、実行しましょう。
多読を始めて数年たって、自分自身が原典にあたって調べられるようになったことは、大変嬉しいのです。私達、英語に関わる人間はもっと英語で調べ英語で読み、英語で教えられるようになりたいものだと思います。
一冊まるごとというのでなくても、数か所ずつでも拾い読みできるはず。そういう知識が今も授業で役だっているので、皆さんにお勧めします。本当に大切な本こそ、日本語に訳されてはいないし、訳せないのです。

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2011年5月 1日 (日) 09時44分

私も即アマゾンに飛び、購入しました。マザーグースを基本にレッスンをしているので、いろいろ集めています。ゆきんこさんが「絶対に買っておくべき」とおっしゃるのなら買わないわけにいきません!自力で読み解く自信がないので、コースが設定されたらなんとかして参加したいです。ぜひお願いします。

投稿: smile | 2011年4月30日 (土) 11時53分

さんぽさん、こんにちは。
私もいつか皆さんと色々な本や歌をシェアしたいです。
少しずつでいいですから、一緒に楽しみましょうね^^これは絶対に買ってそばにおいておくべき本ですよ。
イギリス人なら普通の人が誰でも知っているナーサリーライムズ本です。

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2011年4月28日 (木) 22時04分

ご紹介ありがとうございます。
早速、買ってしまいました! なかなか自分の時間が取れませんが少しずつ目を通してみたいと思います。
いつか、ゆきんこさんのマザーグースを楽しむコースを設定してくださいね。ぜひ参加させていただきます。

投稿: さんぽ | 2011年4月28日 (木) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/39783158

この記事へのトラックバック一覧です: マザーグースの本色々:

« Disney :Tangled Rapunzel's Tale | トップページ | 田野畑村とたのはた牛乳 »