« 昨日の小2クラス | トップページ | 常に今を大切に »

2011年4月20日 (水)

子どもの時の愛読書その1 だるまちゃん

どなたにも子どもの時の愛読書があると思います。うちの息子たちにも好きな本がありました。茶柱くんは色々ある中でも「だるまちゃん」シリーズ、要するにかこさとしさんが好きだったみたいです。

先日東京駅の新しいお店がある地域を通過した茶柱くん、だるまくんの可愛いキャラクターグッズをおみやげに買ってきてくれました。さらに、私があまりにも感動したのでからすくんやてんぐちゃんも買ってきてくれました~こんなにあるのね~

だるまちゃんの本は愛らしくてほほえましくて、おっとりしていて今出回っている絵本とは一味も二味も違っています。彩色などもほんのりしていて好きです。何十年も生きている絵本の力はすごいですね。小さなお子さんを持つお母さま、お父様、今は読んであげるのが大変でも子どもと過ごせるのはほんの一時、人生の一番幸せな時ですよ。たっぷり読んであげて一緒に楽しんでください。

大きくなってもどこかに感動は残っているし、きっと自分の子どもが生まれたら、その本を読んであげるのでしょうね。

商品の詳細商品の詳細

|
|

« 昨日の小2クラス | トップページ | 常に今を大切に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです、プリンさん。
本当に懐かしいですよね。
息子がお人形を買ってきてくれて、とても嬉しかったのでつい書いてしまいました~(笑)
色々な本のキャラクターを持っていますが、日本のものはほとんどなかったのでよけいに嬉しい!
大切にしたいとても良い本だと思います。

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2011年4月21日 (木) 23時02分

こんにちは~!

かこさとしさんの絵本、娘も息子も大好きでした。
もちろん、私も!

なんと、キャラクターグッズがあるんだ!
『だるまちゃんとてんぐちゃん』のほかに『とこちゃんはどこ?』や『はははの話』などなど、あー、懐かしいです。

投稿: プリン | 2011年4月20日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の小2クラス | トップページ | 常に今を大切に »