« リーディングがうまく進むための方略 | トップページ | Over the hills and far away »

2011年5月12日 (木)

Kings and Queens of Britain

先日この本を借りた会員さんから質問がありました。Queenの夫はKingではないのですか?本はこちらです。

Kings and Queens of Britain  by Tim Vicary:Oxford Factfiles

King/Queenはその時代に一人で敬称はHis/Her Majestyです。その子どもがHis/Her Royal Highness, 国王の息子の長男がPrince of Walesです。現女王のご主人の敬称はHis Royal Highness Prince Philip, The Duke of Edinburgh(エディンバラ公爵、フィリップ王子殿下)です。特に女王の夫だからと言って決まった敬称があるわけではないので、贈らないと何もないみたいです。

現女王の父、ジョージ6世(映画「英国王のスピーチ」のあの王様)がこの敬称を贈られたらしいです。現女王はもちろんエリザベス2世ですね、エリザベス1世はもちろん史上名高い16世紀の名女王でした。女王の時代にイギリスは繁栄するのだとも言われていますね。

ちなみに国王/女王の長男がPrince of Walesで今は長男のチャールズ皇太子です。さらに彼はDuke of Cornwallでもあります。CornwallとかWalesは歴史的にみればEnglandとは少し違う国、歴史的に色々揉めたからこそ、納めるためにこの敬称があるのでしょう。歴史は複雑です。

ウィリアム王子の結婚でイギリス王室に興味がわいた方も多いでしょう。ぜひ色々な本を読んでみてくださいね。見方が変わると思います。私も昔はあまり興味がなかったのに、英語で読むようになってからのほうが、歴史に大きな興味を持ち始めました。それだけ生の情報で読める方が面白いです。OFF読む人多いのです、うちの会員さん。全部制覇した人多数です。すでに旧版絶版ですが、語数も手ごろ、入門によろしい。後から出た新版は語数が多くて入門期に無理です。

写真が多くて読みやすい♪商品の詳細

|
|

« リーディングがうまく進むための方略 | トップページ | Over the hills and far away »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/39957782

この記事へのトラックバック一覧です: Kings and Queens of Britain:

« リーディングがうまく進むための方略 | トップページ | Over the hills and far away »