« 『子どもと楽しく遊ぼう 読書へのアニマシオン―おすすめ事例と指導のコツ 』 | トップページ | 母の秩父札所巡り »

2011年5月24日 (火)

あいにくの雨でも作物には慈雨

今日はあいにくの雨。それに少し喉が痛いです。日本のお天気は暴力的だ、いきなり夏のようになったり冬のようになったりする、そう言ったのは知人のドイツ人の方でした。比較的安定した気候のヨーロッパの方から見るとそうですよね。南国でもタイやシンガポールなどは、日本ほどに大きく気候に変動がありませんでした。

南北に長い、そして真ん中に山脈を持つ日本列島。そして海には違った種類の潮がぶつかり合う。上空でも北の冷たい空気と、南からの暖かい空気がぶつかり合っているのでしょうね。そんな気候をともかく受け止めていかなくては。

出かけるのには傘やレインコートを持つ季節になりました。もう一部は梅雨入りと聞いて、早いなあとは感じませんか。でも、作物には雨も必要。半分くらいが私のところでは田植えが終わっていますが、水の恵みなしには育たない稲には雨は文字どおり慈雨ですよね。

私の畑は昨日見たら新玉ねぎが大きくなっていて、そろそろ食べられそう!かもしれません。玉ねぎ植えたの初めてなので、大変嬉しいです。サラダにしようかなあ。じゃがいもも大きくなったし、ネギもしゃきっとしていて、今年はいい感じです。いちごも実っています。お花もきれいで薔薇もようやく花盛り。庭に咲いたお花で玄関を飾り、お仏壇を飾るのはいつも嬉しく思えます。小さな営みですが、毎日をこつこつ続けていきましょう。

|

« 『子どもと楽しく遊ぼう 読書へのアニマシオン―おすすめ事例と指導のコツ 』 | トップページ | 母の秩父札所巡り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいにくの雨でも作物には慈雨:

« 『子どもと楽しく遊ぼう 読書へのアニマシオン―おすすめ事例と指導のコツ 』 | トップページ | 母の秩父札所巡り »