« Over the hills and far away | トップページ | Intensive reading, Extensive reading, そして背景知識 »

2011年5月16日 (月)

タイ風エビと春雨のサラダを作った

昨日は暑かったですね。たまたま寄ったコンビニで中華風春雨サラダを見かけ・・・私は中華風春雨サラダは好きじゃないです。タイ風を知ったその日から。思い出してみると、調味料が足りないものの、他の材料があるのを思い出し、何とか作れるなあと夕飯に作りました。

タイ風エビと春雨のサラダと書くのは、普通春雨サラダとあるのですが、それではその豪華さが伝わらないからです。これはおかずになるし、大きなエビさえ使えば豪華絢爛おもてなしになる料理だからです。昨日はエビはないので、買ってあった干しエビを使いましたが、干しエビは日本料理でいう鰹節のようなもの、味が出るのでむしろありがたい。作り方はこんな。

万能ねぎ一束、新玉ねぎ1個、春雨250g(まあ、市販の小さい袋なら一袋)、トマト2個、豚肉100g、にんにく、干しエビ、あればエビを数匹。ナンプラーとレモン1個。砂糖少々。

まず春雨を水に戻し、さっと茹でます。大きなボールに万能ネギを3センチぐらいに切ったもの、新玉ねぎを薄くスライスして水につけてそのあと水気を切ったもの、トマトの櫛形切りなどを入れておく。豚肉は細かく切り、まずニンニクスライス(匂いが嫌な人は入れないで、でも入れるとおいしい)をフライパンで炒め、豚肉を一緒に炒め、さらに水に戻した干しエビを水ごと入れます。大きなエビがあれば加えます。これが大事、ふたをして全体が柔らかくなって火が通ったら少し水気が残っていても、少しさめたところで一緒に先ほどの野菜の入ったボールに投入。さらにナンプラー大匙1ぐらいと砂糖ほんの少々とレモンの絞り汁を入れます。

ここがポイントですが、すべて投入して、本来なら手で混ぜます。教科書には書いていないのですが、箸じゃダメ。そして食べる直前に行い、出来たらすぐ食べましょう。レストランではよく、冷えてない、むしろ生温かいものが出てきてぎょっとする。粗熱とってもいいのですが、とにかく冷やしておくとまずくなります。よく日本では小さく盛ったサラダを冷蔵庫にあらかじめ冷やしたものが出てくるでしょう。あれは本当のサラダの概念ではありません。本来なら目の前で作るもの。本当に一流店ならシザースサラダなど目の前で作らなくちゃね。(無理?まあね)

私は2年タイ料理の先生もしていました。タイにいた頃のアヤさん(女中さんです)に教えてもらったのですが、彼女のお母さんは一流ホテルにもいたしお姉さんはラーメン屋さんもやっていたから、味にはうるさかったし料理は上手でした。よくパーティーをした頃は、子どものパーティーでも親も全員呼んだもの。タイ人の友人ですら、おいしい!と言っていたのでおいしいのだと思います。タイの人は日本人と味覚が似ています。おでんやとんかつ、どら焼きや炊き込みご飯、お赤飯。これらがいつもあっと言う間になくなった。(ちなみにどら焼き、タイで作ったのですね~幼稚園のバザーで、クラスの友人ママたちと350個作って完売したことがあります)

暑い季節にはタイ料理食べたくなります。来週はグリーンカレー作ろうかな。茶柱くんはタイ料理大好きです。

|

« Over the hills and far away | トップページ | Intensive reading, Extensive reading, そして背景知識 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ風エビと春雨のサラダを作った:

« Over the hills and far away | トップページ | Intensive reading, Extensive reading, そして背景知識 »