« 省エネの夏と体力の夏 | トップページ | 西林克彦『わかったつもり 読解力がつかない本当の原因』 »

2011年6月 3日 (金)

Sylvia Long's Mother Goose

マザーグースの講座を受けているので、どうしても授業の後に本を色々開いてみたり、音源を聞いたりしてみたくなります。本当に豊かでほっとする時間。色々持っているのに、なかなかすべてを見ていないし味わっていないなあとも思います。本たちよ、ごめんね。

お好みが分かれるかもしれませんがシルビア・ロングのイラストの本はいかがでしょうか。音源は付いてはいませんが、私は別口で音源を持っています。カラーが鮮やかで動物の書き分け方が独特なので、マザーグースには合っていると思います。音源はアメリカのメロディーです。

Sylvia Long's Mother Goose

http://www.sylvia-long.com/

ホームページで色々な絵本が紹介されています。マウスポインターがハチドリになるのが可愛いheart04 マザーグースが幾つも歌えるようになったら、絵本でその絵を確かめたり詩を確かめたりして、両親とお子さんが楽しむ何度も一緒に読む、そうして字がわかるようになります。だいぶ歌った小学生の生徒たちとそういうふうに楽しむのも、ちょっとやってみましょうね。

先週はRing-a ring-a Rosesを歌ったので、その絵を見せたいです。可愛いです。人間のキャラクターも全部動物で描いているのが特徴です。Sylvia Longの絵は少し怖いイメージもあるので、可愛すぎず怖くないように描くのは難しかったでしょうねえ。マザーグースは残酷な面もあるので。

ともかく予習復習にも良い本です^^かなり多くのものを網羅しています。この値段でこの装丁この色彩、初めて買った時の驚きと感動は今もそのままです。実は可愛いサイコロも持っています。他にも色々な絵本があるのですが、これ以上は増やせないと眺めました。特に可愛い人形が、本当は欲しい!です。でも高すぎるのでがまんします。下の二つが私の持っているもの。

商品の詳細商品の詳細

|
|

« 省エネの夏と体力の夏 | トップページ | 西林克彦『わかったつもり 読解力がつかない本当の原因』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

petitさん、また感想を聞かせてくださいね。
マザーグースをたくさん知ると、本を読んだり映画やドラマを見ても、あっと思う時が増えてきますよ。
知らないと、絵本も楽しめないことがよくあります。
ではでは~

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2011年6月16日 (木) 07時34分

ありがとうございます。
下のほうのものを、只今、”ポチッ”としてきました。

機会があったらマザーグースについて、いろいろ教えてください。
私は、絵を楽しむほうが多いので。

投稿: petit | 2011年6月11日 (土) 07時58分

私が紹介しましたのは
The Oxford Dictionary of Nursery Rhymes
です。こちらはかなり解説がついた本です。

もうひとつはThe Oxford Nursery Rhyme Book
ではないでしょうか。
こちらは800個のRhymeと600のイラストがあるとなっています。
解説が必要ない方には(実際上のものは英語はむずかしいです)、下のものがいいかもしれませんね。

そのうちにご一緒にマザーグースを読みたいですね。他の人と一緒にシェアすると、良さがまたわかるし、楽しめるのですよ♪

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2011年6月10日 (金) 22時09分

この本を購入しようと思ったときに、以前紹介されていた
Iona Opieさんのマザーグースの本を探していたら、紹介されたものと、それと違ったものが出てきましたが、違いをご存知でしたら
教えていただけませんか?

(タイトルに、The dictionary of がついていないから それだけの違いなのかな?)

投稿: petit | 2011年6月10日 (金) 19時22分

petitさん、こんにちは~
マザーグースは本当に多くの押韻詩を含みますし、英語圏では当たり前の存在ですから、多くの作家さんがイラストを書かれ、次々に出版されます。
お気に入りの作家さんなら持っていると楽しいですよね。
私も網羅的に持ちたいわけではないのですが、ある程度持っています。
いまだに絶対の一冊というのがないので、それでよけいに紹介されるとどうかしら??と思ってしまうのですよ~
悩ましいです。
音源もあって、絵本も音源もどちらもよろしいというのは、本当に数が少ないです。
悩ましい~

投稿: ゆきんこ(多読ジャーナル) | 2011年6月 5日 (日) 08時57分

マザーグースが好き?
よくわかりませんが、なぜか心がときめきます。
今も、4冊ぐらいあるのに、気に入った表紙を見ると、心が動きます。
同じ詩でも、作家さんによって、絵の表情が違うからでしょうか?

マザーグースばかりもいいのかも?
(収集癖はないけれど)

投稿: petit | 2011年6月 5日 (日) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/40242191

この記事へのトラックバック一覧です: Sylvia Long's Mother Goose:

« 省エネの夏と体力の夏 | トップページ | 西林克彦『わかったつもり 読解力がつかない本当の原因』 »