« なでしこジャパンと理想の上司? | トップページ | The Lion and the Mouse : by Jerry Pinkney »

2011年8月 4日 (木)

夏休みの読書ーSummer Reading

多読をしている皆さんは、英語圏の児童書や絵本に親しんでいらっしゃることでしょう。ぜひ、色々なリーディングのサイトにも精通して、色々な情報を集めてくださいね。私も発信したいのですが、なかなか忙しい。夏休みは日本は暑い割に短いのですが、海外はもっと長いですからね~夏休み中の読書なども情報がいっぱいです。

夏休みの読書をSummer Readingといい、図書館でも色々な催しがあります。そして、こんな本を読んでという情報も満載です。例えばこんなサイト。

http://www.readingrockets.org/

http://www.readingrockets.org/search/?cx=004997827699593338140%3Anptllrzhp78&cof=FORID%3A11&ie=UTF-8&q=summer+reading&siteurl=www.readingrockets.org%2F&sa.x=13&sa.y=19#920

年齢別にお勧め本が色々ありますので、チェックしてみてください。私達第二言語学習者はネイティブではありませんから、小さい子向けの本を堂々と読みましょう。私はStinkの本がしっかりリストに入っていて嬉しいです。いまや姉さんであるJudy Moodyを押しのけ本当に人気者ですね。小学校にオーサー訪問をすると、作者がいつも「スティンク」という声をかけられたので、作者はStinkが主人公の本を書き始めたそうですよ。私も可愛くて大好き^^ほとんど自分の子どものように思っています。

日本の夏休みの課題図書は、買ってそれで読書感想文を書くというような意味合いのようで、私はあまり賛成できません。もっと広い範囲で色々な本を読むためには、図書館にせっせと通ってほしいです。私の小学校時代はプールの帰りに学校図書館に行って、本当にせっせと本を借りました。「まぼろしの白馬」なんか、私の名前が20ぐらい貸し出しカードに書いてあって、いつも笑えました。

日本語での読書と英語での読書は車の両輪であり、ぜひ多読をする方にはバイリテラシー(複数言語で読み書きが出来ること)をめざしてほしいです。英語での経験により、日本語にも良い影響が出ます。それに英語しかできない英語圏の人より、むしろ複数言語をできるなら、日本人でも幅広い考え方・感じ方が出来るようになります。そういう人を増やしたいと思います。夏休みもまだまだこれから。特に家でエアコン使うより図書館へ行くのは、省エネにもなります。私もいつも夏休みは図書館で勉強をしていたなあ。

|
|

« なでしこジャパンと理想の上司? | トップページ | The Lion and the Mouse : by Jerry Pinkney »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/41079047

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの読書ーSummer Reading:

« なでしこジャパンと理想の上司? | トップページ | The Lion and the Mouse : by Jerry Pinkney »