« 夏休みの読書ーSummer Reading | トップページ | 夏の日本多読学会新人セミナーが終了 »

2011年8月 6日 (土)

The Lion and the Mouse : by Jerry Pinkney

この表紙だけではっとしてしまう迫力と絵の持つ引きつける力。前から持っていこうと思っていて、少し遅れてしまいましたが、今日のハンプティの時間に読もうとセットに入れたところです。

イソップの有名なお話「ライオンとねずみ」です。この絵本には文はほとんどありません。ライオンとねずみの鳴き声が少しだけ・・・だけど、ものすごく説得力のあるイラストのおかげで息もつかせぬ展開です。

The Lion and the Mouse : by Jerry Pinkney

もちろん有名なお話なので、内容を知っている子も多いでしょう。2年のハンプティの活動では主にナーサリーライムを使って歌によって英語を学ぶ方法をとっています。でも、毎回の絵本の読み聞かせを、子どもたちもお母さんも本当に楽しみにしてくれています。

何より、絵本を選択する目が養われた気がするんですね。読み聞かせによってしか、それは養われません。そして徐々に自分で自立した読み手になっていきます。本は並べておくものではなく、人から人へ手渡すものであり、読んで一緒に楽しむものであり、愛して一緒に過ごす存在です。この夏休み、どうぞいっぱいの本とお過ごしください。

商品の詳細

|
|

« 夏休みの読書ーSummer Reading | トップページ | 夏の日本多読学会新人セミナーが終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/41100501

この記事へのトラックバック一覧です: The Lion and the Mouse : by Jerry Pinkney:

« 夏休みの読書ーSummer Reading | トップページ | 夏の日本多読学会新人セミナーが終了 »