« Black Cat Green Apple Series | トップページ | Arman's Journey: Cambridge English Readers »

2011年10月 2日 (日)

昇太・たい平二人会

この夏休みはどこにも行きませんでしたし、秋にも冬にも旅行の予定もなく、お仕事と論文の日々なのですが・・・・ひとつぐらい楽しみがあってもと、落語に出かけてまいりました。母と茶柱くんと一緒です。

昇太・たい平二人会

大人の読書会や子どもたちのマザーグースの会を開いている公共施設で昨日あった催しです。マザーグースの会は土曜日で、ちょうどこの催しの前売り券が売り出される日が活動日でした。朝並んでる人を見て、これは無理かなあと思ったのですが、終了後に寄ってみると、まだ席がありました! 

市内の他の場所でも売られていますが、やはり本会場なので、いい席の券が大量にありました、ラッキーです。ということで、前から9番目でやや左寄りの席が取れました♪母は聞こえなかったり見えなかったりを心配していましたので、◎です。

昨日は満員の上に市長さんもご機嫌でご挨拶されていました。たい平師匠はわが県の出身ですから、私達御客さんにとっても大変親しみがあります。そして春風亭昇太師匠は私の大好きな噺家さんで嬉しい。本当にお二人の落語は面白かった。笑って楽しんで大満足でした。地元で楽しめて本当に嬉しい。母も茶柱くんも、2,3回落語は見たのですが、一番満足だったそうです。

いつもの笑点のメンバーの悪口・楽屋話も、節度があって、面白かった。噺も古典ですが、わかりやかったです。それにしても、大変に、年齢層が高かったですね~もっと若い人も聞けばいいのにね。地域主宰の会だから、購入層が高いのは仕方ないのですけれど。というわけで、今朝は昨日の興奮はどこへやら、朝からお仕事せっせです。オンとオフは使い分けて、これからは没頭タイム。皆さん、秋を楽しんでください、私の分まで。

|

« Black Cat Green Apple Series | トップページ | Arman's Journey: Cambridge English Readers »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇太・たい平二人会:

« Black Cat Green Apple Series | トップページ | Arman's Journey: Cambridge English Readers »