« 雑誌はいかが?The Oprah Magazine & Good Housekeeping | トップページ | サッカーの本 »

2015年5月29日 (金)

日本に関する英語の本♪ その1

大人の生徒さんから、英語で書かれた日本に関する本を読んでみたいというリクエストを受けました。大きな教室ではない、小回りのきく英語多読教室だからこそ、このようなリクエストにはお答えしたいと思います。

さて、英語で書かれた日本に関する本、それほど多くはありません。少しずつ集めてはおりますが、なかなか大変。でも、読むと面白いものも少なくありません。しばらくはその関係の本をご紹介していきましょうね。
最近読んだ本Shipwrecked! :The True Adventures of a Japanese Boy  ( written by Rhoda Blumberg)
ジョン万次郎という人をご存じでしょうか。本名は中濱萬次郎。土佐の漁師でしたが、仲間とともに漁をしていたところ嵐に流され、鳥島に流れつきました。アホウドリを食べて飢えをしのいだ数か月ののち、アメリカの捕鯨船に助けられ、その後ハワイを経てアメリカ本土にたどり着き、英語を学びJohn Mungという英語名をもらい、航海術を学びました。望郷をあきらめない彼は、金の発見にわくカリフォルニアで金で渡航費を稼いで自前のボートを買い、日本近海への捕鯨船に乗り、なんとか沖縄へたどりつきます。そして、とらえられた後、島津斉彬に気に入られ多くの海外の知識を伝えます。その後、ペリー来航時には日本側に様々なアメリカの知識を教え、帯刀を許され中濱の姓を名乗りました。明治維新の後も通訳などをし、咸臨丸に乗るなど多くの足跡を残しました。
日本語でも少し小説などは読みましたが、英語版で読むとそのころのアメリカの様子が面白いです。アメリカ人に助けられたことで助けた船長に深く恩義を感じ、日本とアメリカの間に立って苦しみ働いた姿が感動的でした。日本の様子を伝える英語も大変有意義で、子ども向きのため多くの絵や写真が使われているのでわかりやすかったです。
児童書や絵本を多く持つことは、強みにもなります。一冊ずつ丁寧に読み込みながら、英語の蔵書をしっかり整えたいです。みなさん、ぜひ読んでみてください。
最近、字が細かい本はいやだ~というご意見も増えました。その点も楽ですよ!

|
|

« 雑誌はいかが?The Oprah Magazine & Good Housekeeping | トップページ | サッカーの本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/60183583

この記事へのトラックバック一覧です: 日本に関する英語の本♪ その1:

« 雑誌はいかが?The Oprah Magazine & Good Housekeeping | トップページ | サッカーの本 »