« 早期英語教育の是非―ベビークラスと幼稚園クラス | トップページ | 早期英語教育とベビークラス―歌を唇に、絵本を手に »

2015年12月12日 (土)

What Was the Alamo? そして Davy Crockett"An American Hero"

大人の方や高校生に人気のWhat Was? シリーズ、そしてGreen Apple。 どちらも読みやすくて様々な話題に触れることができます。

What Was the Alamo?
アラモ砦と聞いて聞いたことあるぞと思う人は、やや年配の方かもしれません。私は父が西部劇大好きだったので、どこかで聞いたことがあるなという感じ。アメリカ西部の有名な砦であることは知っていましたが、詳しくはわかりませんでした。What Was~? に入っていたので読みましたが、大変面白かったので大人の人たちには紹介し、皆さん興味を持ってくれたようです。アメリカン・スピリットってこういうものか、と思うお話です。
アメリカのテネシーなどがまだメキシコ領だった頃、人が少なく開発の必要があったので、アメリカ人たちはこぞって西へ西へと向かいました。そして人数が増えるにつれ、ネイティブ・アメリカン達との戦いもあり、メキシコ政府が入植に反対し始めたこともありました。そして、アメリカ人たちは自由を勝ち取ろうとして立ち上がりました。その戦いの物語。アラモ砦といっても、もともとは布教のための教会などの地です。今年、新登録されたユネスコ世界遺産「サンアントニオのミッション」に含まれています。先住民、スペイン人、メキシコ人、アメリカの開拓時代の様々な文化が混じり合う貴重な遺跡であり、歴史上大変有名です。
http://www.travelvoice.jp/20150707-46185
そして、この中に登場する大変有名な人、Davy Crockett  こちらも持っていました!Green Appleです。高校生にはこちらをお勧めします。
昔「デイヴィー、デイヴィー・クロケット、ぼくらの仲間~」という歌があってテレビで放映されていたはずです。そして、東京ディズニーランド開園してしばらくは「デイビー・クロケットのカヌー探検」というアトラクションがあり、アライグマの帽子をかぶってカヌーを漕いだはず。私は残念ながら乗らなかったけれど。
アメリカでは毛皮をとるハンターから身を起こし、大変面白く感じのいい人だったという伝説的な政治家であり、最後にはアラモ砦で戦って亡くなった英雄なのでした。だから本になっている。アラモ砦があったからこそ、のちの人が発奮したので、そこが重要なのでしょう。知っておいていいことがたくさんあります。

Wはt

|
|

« 早期英語教育の是非―ベビークラスと幼稚園クラス | トップページ | 早期英語教育とベビークラス―歌を唇に、絵本を手に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/62934293

この記事へのトラックバック一覧です: What Was the Alamo? そして Davy Crockett"An American Hero":

« 早期英語教育の是非―ベビークラスと幼稚園クラス | トップページ | 早期英語教育とベビークラス―歌を唇に、絵本を手に »