« Who was Charles Darwin? Who was~?シリーズまだまだ続く | トップページ | アルファベットの絵本―ALPHABATICS by Suse MacDonald »

2016年10月13日 (木)

Goodnight Moon by Margaret Wise Brown

名作であり、今も読み継がれる絵本。月に関する本は9月に読むことが多いのですが、少しずれこんで今月に読みました。絵の美しさ、ライミング、どちらも素晴らしい絵本です。1年生はマザーグースを歌うので、この本もそういう内容にも添うので、必ず読み聞かせもしくは生徒たちにもリードアラウドしてもらいます。

読んであげながら、mouse-house, kitten-mittenと指さしてリピートしてもらいます。するとmouse-houseは似てるね、という声がありました。後ろの部分が同じ音、ライミングだということが感覚的にわかるのですね~とてもうれしいことです。こちらが言わなくても気付くのは多くの英語の音声に触れたからです。小学生から英語の音を楽しむ感覚を身につけたいもの。なかなか中学生になってからは、味わえない感覚です。
可愛いねずみくんが特に気に入ったようでした。もっと大きくなってからも、新たな発見があるような、そんな絵本です。

|
|

« Who was Charles Darwin? Who was~?シリーズまだまだ続く | トップページ | アルファベットの絵本―ALPHABATICS by Suse MacDonald »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526072/67932738

この記事へのトラックバック一覧です: Goodnight Moon by Margaret Wise Brown:

« Who was Charles Darwin? Who was~?シリーズまだまだ続く | トップページ | アルファベットの絵本―ALPHABATICS by Suse MacDonald »