« 2016年6月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年10月

2016年10月20日 (木)

アルファベットの絵本―ALPHABATICS by Suse MacDonald

アルファベットの絵本はたくさんありますが、今ピクシー英語教室で人気なのがこの絵本

ALPHABATICS by Suse MacDonald
A B Cとページごとに、アルファベットが跳んだり跳ねたり、くるっと丸まったり、どんどん形を変えていくのが本当に面白い。アルファベットのはずむリズムが子どもたちの心を捉えているようです。アルファベットを学んでいる子どもたちにとって、訴えてくるものがあるようです。CD付きのJY booksの絵本を買いました。
Jack in the boxをまるで一語のように発音する小学1年生たち。こういう身近で、大きくなってからではなかなか味わえない、子どものための言葉がちりばめられています。全員しっかり読めるようにと思い、数回のレッスンで続けて読んでいます。
あいうえおの絵本がそれほどないのに比べ、アルファベット絵本が大量にあるのは、アルファベットを覚えること、そしてフォネミックアウェアネスを伸ばすことが、リーディングの基本であり重要なのだということがよく知られているからなのでしょう。日本人の子どもにもdとb, h とnなど難しいなあというものがありますが、それは英語圏の子どもたちでも同じです。繰り返し読んで慣れていくことが大切です。今日もたくさんの発見がありました。みんな、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月13日 (木)

Goodnight Moon by Margaret Wise Brown

名作であり、今も読み継がれる絵本。月に関する本は9月に読むことが多いのですが、少しずれこんで今月に読みました。絵の美しさ、ライミング、どちらも素晴らしい絵本です。1年生はマザーグースを歌うので、この本もそういう内容にも添うので、必ず読み聞かせもしくは生徒たちにもリードアラウドしてもらいます。

読んであげながら、mouse-house, kitten-mittenと指さしてリピートしてもらいます。するとmouse-houseは似てるね、という声がありました。後ろの部分が同じ音、ライミングだということが感覚的にわかるのですね~とてもうれしいことです。こちらが言わなくても気付くのは多くの英語の音声に触れたからです。小学生から英語の音を楽しむ感覚を身につけたいもの。なかなか中学生になってからは、味わえない感覚です。
可愛いねずみくんが特に気に入ったようでした。もっと大きくなってからも、新たな発見があるような、そんな絵本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年6月 | トップページ | 2017年1月 »