« 2016年10月 | トップページ

2017年1月

2017年1月11日 (水)

ノンフィクションを読もう! 中高生も大人も

私の教室では、様々な本を読みますが、フィクションとノンフィクションは同等に読むようにしています。中高生でも大人でも、同じようにLongman Infotrail,  National Geographic Kids,

Oxford Read and Discoverなどを読んでいます。
Oxford Read and Discoverは特に中高生以上なら全員読む必読シリーズにしています。大変トピックが幅広く、参考になるからです。中高生は高校受験や大学受験のため、また英検などの資格試験にもノンフィクションを多く読むことが必要です。大人でも同様でしょう。また、会話などでの様々なトピックを広げていくためにも、大変有効です。深い知識よりも、英語学習の初期には、広く浅く色々なことを知ることが必要なのです。中学や高校の教科書でも取り上げられているトピックは、似たものが多いと思います。例えば、中国の万里の長城などです。
先日高校生たちが、Oxford Read and Discoverの中のWonders of the Pastを読みました。イースター島、ストーンヘンジなど世界の不思議な遺跡などのトピックです。世界遺産になっているところがほとんどなので、世界遺産に関する日本語の本も見せました。日本語の本でも地名や遺跡名などが英語や現地語をアルファベット表記されているので、見せながら色々話をしました。日本語では例えばParis(パリス)はパリ、Amsterdam(アムスタダム)はアムステルダムです。英語と日本語では色々違うことも、知識として必要です。リスニングになったら、英語を聞いただけで、場所やそれにまつわる特徴などがすぐに頭に浮かぶことが必須だからです。
世界遺産については色々な本が出ています。英語の本とともに、日本語も読んでおきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年10月 | トップページ