日記・コラム・つぶやき

2012年4月29日 (日)

牧野富太郎 植物学の父 天声人語

今朝の天声人語に植物学者の牧野富太郎が取り上げられています。ソメイヨシノを故郷高知に持ち帰って植えたエピソード。桜で今一番普及しているソメイヨシノは、日露戦争の祝勝で広がっていたのですね。東京の桜の名所を考えれば、理解できます。

牧野富太郎さん、高知の出身です。この春休み、たまたま高知に旅行し、高知県立牧野植物園に行きましたので、大変身近に感じます。高知市の中心からもそう遠くない丘にあり、素晴らしい植物が数多く植えられていて、私と主人は楽しく半日過ごしました。

四国は雨が多い土地で温暖であり、非常に植生の豊かな土地です。海沿いにも、南国の草花や木が多くて、色々な植物があるのだそううです。そのような土地で植物への興味と愛情を育んだ牧野氏を記念した植物園です。もし、四国を訪れるなら、ぜひ寄ってみてください。遠方なので買ってこられませんでしたが、多くの珍しい木や草があり、色々見比べられるし購入できそうでした。

http://www.makino.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月22日 (日)

草間彌生展に行って来た「永遠の永遠の永遠」

昨日は学校が終わった後にがんばって草間彌生展「永遠の永遠の永遠」に行ってきました。今年は見たいものをなるべく見逃さないようにがんばります。入口には早速水玉模様がお出迎えです。

絵はだめなのですが、彫刻等は撮影オーケーのものもあって、それも嬉しいです。新作ばかりで、テレビの番組でも見たい!と思った作品がずらりです。私は作者の自画像、ポートレイトが好きでしたね。他にも好きな作品多数。

通常の美術館はこれでもかというほどの中高年の波なのですが、今回は若い人や子ども連れの方も多かった。これは本当に嬉しいことです。若い人々よ、もっと楽しみ視野を広げてね~私は大変楽しみました。皆さん、まだまだやっていますので、どうぞ見て下さい。埼玉県近代美術館は北浦和駅より徒歩5分です。

http://www.momas.jp/

それから埼玉県近代美術館は草間彌生作品を所蔵していて、そちらも常設展示のほうに展示されていました。これも、なかなか作者の足跡がたどれてよかったです。可愛いiidaの草間彌生バージョンの携帯電話も展示されていました。これ高いんですよ。見られて面白かったです。他にも色々と。

私は同じく草間ファンのほのかさんに、おみやげを買えて大満足でした。私はキーリングが草間彌生です。ではでは~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月10日 (火)

春は子どもたちが輝いて見える

昨日が入学式や始業式だったご家庭も多かったのではないでしょうか。おめでとうございます。私のところは数日前に始まっております。満開の桜の中での入学式は感動もひとしおですね。

昨日はたまたま、何年も前に教えた子を見かけました。友達と駅で話しこんでいたので、声はかけませんでしたが、たぶん大学生に今年なったはずです。弾んだ幸せそうな表情だったので、私も大変嬉しくなりました。学校でも、卒業生が数人ちょっと立ち寄ってくれて、新しい制服を着ていました。みんな頬が輝き、青春だなあという感じ、こちらが年を取るのも当然だなあ。

新入生も在校生も、みんな少し成長して、新学期への期待をふくらませるこの時期、先生方も今年の色々な計画を練っていますよね。みんなの期待や夢に応えられるよう、せいいっぱいがんばりたいなあ。私も成長しています。大人だって、いつまでも成長しています。子どもたちの輝きが、私達を照らしてくれるのですね。1年分の計画、そして数年分の計画を立てながら、今日一日もまた、そのための一歩です。

花を育てるのも、子どもと寄り添うのも同じこと。それぞれの美しい花を咲かせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月 7日 (土)

「育てて楽しむ山野草のすべて」・・・かたくりとニリンソウ

忙しくなければ、ガーデニングのブログを別に始めようかと思うぐらい、ガーデニングは私にとって生活の一部です。趣味というにはあまりにも日常的。歯を磨くようなものです。

先日、実家の庭であああああ、と驚いたのは急にカタクリが咲いているのを発見したからです。さらに喜んでいると、ニリンソウまで蕾を持っています。どちらも急に葉が出てあれよあれよと咲きました。そういうものらしい。昨年植えたのですが、見えなくなっていたので、もう合わなくてだめになったかと思っていたので大変感動しました。今年も、ガーデニングをしなくてはならない季節がやってきました。とほほ。好きですけれど、仕事を目いっぱいしながら続けるには、大変な体力がいるのですよ。

たまたま書店で見かけたので買った本がこのNHK趣味の園芸のムック本です。

富澤正美『NHK趣味の園芸 育てて楽しむ山野草のすべて』 NHK出版

商品の詳細

ぱらぱらめくったら、うちにある花がたくさん載っているのです。わからないで育てているものも多いので、大いに参考になりそうです。茶柱くんの育てているウツボカズラとか、ムシトリスミレ、サラセニアなども山野草なんですね。それからラン。従兄にもらったパフィオというランが、なんと我が家では巨大化して2倍の大きさの花を咲かせたうえに、株分けしたら紫の花を咲かせる株と黄色っぽい白の花が咲いたものになったのでした。それぞれに大変豪華なお花となりました。欲しいなあという方もあるので、今年は花がついたら差し上げようと真面目に栽培しようかと思っています。少し色々学ばないとね。

園芸関係の普通の本やバラの本は十分持っているので買いません。でも、山野草は持っていなかったのですね。

庭に咲くクリスマスローズもギボウシも山野草だったのですね。母が育てているホタルブクロもそうです。私の住むところでは山野草同好会があるらしく、母の年代の方はお互いに上げ合って増やしたり交流しているのでしょう。なかなか良いことではないでしょうか。

もう庭にこれ以上新入りの花を増やすよりは、あるものを増やす方向で考えています。いつの間にか増えていきますからね。素敵な鉢に寄せ植えしたり、あるもので楽しめたらいいな。時代はあまり無駄をしないということを好み始めていますので、私もそんなふうにしています。そして少々の野菜があれば言うことなしでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2012年3月22日 (木)

もうすぐ卒業式♪

もうすぐ卒業式です♪ 嬉しいです♪ もっとも、本当に幸せを感じていたのは最初の1年目で、2年目は大震災があったのでとても気分は良いとは言えず、修士論文を書くことに集中していたので暗く長いトンネルのようでした。

さて、昨年の卒業生の方々は卒業式も行われなかったのです。本当に残念でしたね。私たちはもうすぐなのですが、それにあたって練習?というのに参加せよとのお達しがあり明日参加の予定です。息子や生徒にそういうと、「いい大人が卒業式の練習???」と失笑されました。

どうやら卒業式の練習というと彼らは「ぼくたち、わたしたち、卒業します!」という、あの日本独特の「呼びかけ」を連想するのですね。

http://homepage1.nifty.com/moritake/tokkatu/yobikake.html

こんなのです。皆さん、ご自身も経験されているでしょうし、お子さんのいる方は見られていると思います。お笑い芸人さんがネタにすることもあるぐらいですから、誰にも共通する経験として認知されているのですよね。

私の卒業式に呼びかけはないのですが、たぶん儀式として色々な作法があるのでしょう。この年でそうそうないことなので、大変面白いと思います。何でも経験だから、なんてね。

本音を言いますと勉強するというのは、もっと色々なことがわかってすっきりすると思っておりました、入学前は。ところが、むしろもっと知りたいとかわかっていないことが多すぎると思えてきました。きりがないのですよね。とてもとても人間の生きる時間というのは限られていますね。ともあれ、英語を教えるということの勘所というか、ある程度のまとまりはつかめてきました。ここからさらに肉付けをし、高めていきたいというのが今の一番の気持ちです。

そういうわけで、卒業式であると同時にまたスタートです。4月からまたどんな生徒たちに会うのかなあとわくわくしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月21日 (水)

Gothic romances-ゴシック小説の系譜、そして歴史を知って英語を知る

昨日「オペラ座の怪人」を録画したので、あとで見るのを楽しみにしています。映画も大変素晴らしかったのですが、今回録画したのは「オペラ座の怪人―25周年記念公演in London」でアルバート・ホールで行われたものです。豪華絢爛、見どころたっぷりです。

ゴシック小説とかGothic romances、Gothic fictionなどと呼ばれる文学ジャンルがあります。現代にも影響を与えている、色々な小説があります。「オペラ座の怪人」「ジキル博士とハイド氏」も「嵐が丘」も、エドガー・アラン・ポーも含まれるでしょう。私は文学にものすごく詳しいというわけではありませんが、多読の広がりとともに、もっと文学の歴史をひもときながら読まれるといいのにと思っています。せっかく英語で読めるのです。歴史を感じながら読めると、英語も深い理解につながります。

日本人はアジアにいながらにして、ミュージカルがしっかり根付いた(しっかりなんかしていないという意見もあるでしょうが)稀有な国です。見たければ色々な作品を見比べられます。そして文学も、様々な翻訳で読めますし、洋書も読めます。大変恵まれた国です。文学作品と映像や音楽、ミュージカルなどの舞台と、ジャンルをまたがって楽しめるものは色々あります。ぜひ、一度興味を持ったのなら、深めてください。

日本の若い人はともすれば歴史をただの大学受験に合格するためのものと思っていたりで、生徒を見ていても歴史の重要性を知らずに通り過ぎているので、大変歯がゆい気持ちになります。音楽でも映画でも、すべて歴史があってのもの。過去の作品は必ず今の作品に影響を与えています。出来事も過去のことがあって、必ず起こるのです。もっと深く学んでほしいです。同時に大人や教師も面白みを伝えなくてはですね。面白いということを教えてくれた、多くの先生に会えた私は幸せでした。これからは、もっと多くの人に伝えるためにがんばらなくてはね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月13日 (火)

母のパッチワーク展が開催されます

もうすぐ母とお友達によるパッチワーク展が開催されます。なかなか力作がそろっています。今回の目玉は母とお弟子さんたちによる「美瑛の丘」のパッチワークの共作です。それぞれの作品を一品ずつ展示する予定です。それ以外にはバッグやタペストリー、小物も色々あります。

私がバンコクにいた当時、作っていたハウスのパターンのタペストリーを母が最後に仕上げたものも展示します。大変懐かしい洋服などの生地を使ってあるので、思い出の深い作品です。父が亡くなった後に催したのが前回ですから、もう4年もたつのですね。今年は花が咲くのが遅いのが少し残念。いつもなら、春のお花の共演がみられる素敵なカフェだからです。

ともあれ、今日は飾る花の鉢を買いに行ったり、来ていただく人をおもてなしするお菓子を買ったりで忙しかったです。興味のある方にはメールかはがきを差し上げますので、私までご連絡くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 4日 (日)

春休みの映画は?

年度末の業務に追われています。何もできないので、大変規則的な毎日です。春休みに何を見ようか、何をするかを考えることもあります。

今公開中の映画、トワイライトサーガ・ブレーキングドーンが楽しみです。ぜひ見なくては。それからシャロック・ホームズもありますね。前作も好きだったので、今回も楽しみにしておりました。春から夏にかけて、少し時間が欲しいですね。

原作を読んでから見るのか、見てから読むのかはいつも多読する人の悩みの種でもあります。その時の状況によっても変わるでしょうね。あまり読みたいものが自分のレベルを超えている時は、まず見てイメージを作って読むのは大変助けになります。もっとも、イメージを壊された~と悲しくなるケースもあるでしょうが。

ジェーン・オースティン物については、ほとんど先に見てから読みましたが、とても良かったと思います。状況がわからないまま読み進むのは、大変だからです。また、当時の家の中のことや人の服装など、延々と説明されることも先にビジュアルでイメージできるからです。ホームズ作品も見てから読むほうが良さそうです。トワイライトは・・・・映画は派手ですからね。もっとも私は本は1のみしか読んでおりません。私は映画のトワイライトが大好きです。今回も楽しみです^^

色々大変なことがある時こそ、一瞬でも違う世界に連れて行ってくれる映画や本は慰めてくれます。癒されたい~

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月 9日 (木)

通販でお買い物ー最近、充電式クリーナーを買った!

何度か書いたので、通販生活のファンであることは皆さんお気づきだと思います(笑)~かなりの固定客なんですね。いくつも買ったことありますが、最近またいくつかゲットしたのでご報告。

充電式クリーナー・マキタを買いました。以前からずっと考えていたのですが、最近大変忙しいので、掃除をするのが大変なんです。そこでこの充電式クリーナーなんですね。主に2階用として使用すると思います。1階から2階へ掃除機を持って上がるのはけっこう面倒です。それが解消されるし、コードレスはやはり気軽です。何より階段に掃除機をかけられるのはとても嬉しいです。

もちろん車の掃除にもオーケー。色々役立ちそうです。少し、充電に時間はかかりますがなかなか便利。また色々ご報告しますね。お掃除はためずにちょこちょことやりましょう。

商品の詳細こんなのです。私はレッドを買いました。可愛いです^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月 4日 (土)

修士論文発表会が終わりました

昨日、修士論文発表会が終わりました。お世話になった先生、大学院で様々な学びをわたしたちに与えてくださったすべての先生方にお礼を申し上げたいです。そして、2年間暖かく見守ってくれたわたしの家族たち、ずいぶん不自由な思いもさせたかもしれません、心からありがとうございました。

そして、見守ってくださった、色々な言葉をかけてくださったすべての友人の皆さま、この場を借りてお礼を申し上げます。無謀なチャレンジをしたにもかかわらず、私のところに通ってくださっている生徒の皆さん、保護者の皆さんにもお礼を申し上げます。それから読書会の皆さま、色々日程等で迷惑をおかけしました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

この日曜日、留学から帰ってきたホームズ君の帰国祝い&報告会を開きます。誰もが少しずつ変わり、成長しています。彼から色々な話を聞き、写真を見るのが楽しみです。ホームズ君の妹世代も高校2年生になりました。お互いに励まし合いながら、大人も子供も成長していきたいです。

私が勉強をもっとしたいと思ったのは、リーディングに関する色々な疑問にもっともっと答えを見つけていきたいからでした。同時に、可能にしてくれたのは、大学時代の友人やその他の友人に学び直し経験者がいるからです。お互いに身近に良いロールモデルがいれば、様々なヒントになりますし、何よりチャレンジする勇気を与えてくれます。大変な時代だからこそ、もっとスキルを伸ばして自分の良さを生かせるキャリアを考えましょう。お互いに学び支えましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧