映画・テレビ

2014年11月19日 (水)

ブラタモリが復活!嬉しい

ブラタモリが復活するんですね!ネットで今日このニュースが流れて喜んでおります。ブラタモリ、大好きでした。タモリがあちこちぶらぶらして、面白いものを色々発見するというただそれだけ。でも面白い。この際、以前のものも特集してほしいです。録画して取っておきたい。といっていたら、集中アンコール放送もあるらしいです^^ ありがとうNHK。このためだけでも、喜んで受信料払う甲斐があります。

2015年春に復活するそうですが、それに先駆けて、新春に京都の特集がある! 長いこと、笑っていいとものために、遠くへは行けなかったタモリさん。(まあ、東京のえ、こんなところにこんなものが、というブラタモリの面白さはそこにも妙味があったのですが)
東京育ちなので、色々なところに行ったことはあるのですが、それでも、東京は見れば見るほど面白いところ。その良さを色々発掘してくれたのもブラタモリ。復活して、もっと日本(海外は行くのかな?)の良さを見せて欲しいものです。
NHKの情報はこちらです。
http://www4.nhk.or.jp/buratamori/
本とか出さないかな。本もあったら嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月20日 (日)

マジックツリーハウスの映画化ですね

みんな大好きマジックツリーハウスですが、いよいよ映画化されました。全巻通して読んでいますし、音源も大好きで聞いています。見に行きたいですね~

日本語版は絵が可愛くて、日本の子どもたちにも大人気です。その絵でアニメ映画になったようです。ジャックの声は北川景子さん、アニーは芦田愛菜ちゃん。モーガンは真矢みきさんだそうです。

http://magictreehouse.jp/index.html

四つのメダルを求めて、ジャックとアニーが大冒険へ出かけるストーリー。1月7日に全国で公開です。私もそのころには余裕がありそうですので、出かけようかなあ。どなたか一緒に見に行きませんか?

原作も日本語版の31巻がもうすぐ出るそうです。本当に追いつきましたね。小学生の時に読んで、中学生になったら英語版というのが、十分可能になりました。良い時代だなと思う反面便利すぎて当たり前になっちゃってるかもです。大人には羨ましくもあり、何にもなかった自分の時代が必死すぎて愛おしくもあり・・・

商品の詳細

商品の詳細次はパンダ!?商品の詳細リンカーン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 7日 (金)

Brothers & Sisters シーズン4 &ファイナルシーズン

heart04夏休みの頃から見始めて、今では唯一の楽しみとなっているドラマがこれ。wowowを見ているのですが、AXNという少し古いものを放映してくれる局で流してくれています。ちょうど今日シーズン4が終わりました。衝撃のラストに驚きがありました。

Brothers & Sisters シーズン4 

Brothers & Sisters が始まった頃一度だけ借りてみて、面白くないと思ってそれ以降見なかったのです。夏に見たのはたまたまお昼の1時から月曜から金曜日にやっていて、ランチをしながらのテレビ観賞は時間のロスが少なくて良かったからです。でも、数回ではまってしまいました。昼にやっているのは日本語吹き替え版なので、夜の字幕版を今は予約して見ています。主演は母ノラ役のサリー・フィールズ、娘役のキャリスタ・ロックハートです。カリフォルニアの大家族ウォーカー家の2女3男のブラサーズ&シスターズが織りなす、ハートフルなお話。

食品会社を経営する父が亡くなった後、仲が良いけれど自己主張が強く、お互いに言いたいことはしっかり言い合う兄弟姉妹が面白いです。食品会社でワインも扱うだけに、いつもワインを飲んでいるので羨ましい・・・お母さんのノラの家がとても素敵で、お花が咲き乱れプールがあって、広くて明るいキッチンと豪華なダイニングが本当にため息ものです。色々なお料理が出てきて、homy & cozyheart04

ファイナルシーズンは11月6日からオンエアされます。しばらく見られませんがその分が楽しみです。私は昔、キャリスタ・ロックハート主演のアリー・マイラブが大好きだったので、やはりこの女優さんは好きですね。コミカルな部分もそれなりに残しつつ、大人になって深い演技もいい味を出しています。家族のことと仕事を両立すべく奮闘する女性陣に大変共感をおぼえます。日本にはこういうドラマはないのよね。ではでは、仕事に戻らなくちゃ。

http://axn.co.jp/program/brothersandsisters/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月21日 (日)

芸術家草間弥生82歳ー世界が私を待っている

何気なく昨日のテレビ番組表を見ていたら、NHKBSプレミアムで「芸術家草間弥生82歳ー世界が私を待っている」という番組がありました。急いで録画機能で予約録画しておいて、あとでちょこちょこ見てみました。なかなかこれだけ力のこもった番組はありません。NHKさん、ありがとう。

今や世界中で人気の前衛芸術家であり、モダーンアートのトップである草間弥生の特集です。前にも書いたかもしれませんが、2002年、森美術館でクサマックスという草間弥生展を見て以来大ファンです。買えないけど(笑) キーホルダーを買いました(笑)そのぐらいでしょう、買えるのは。

水玉の女王と言われ、独特の水玉、それからお人形や犬、花、かぼちゃなど、一目で彼女とわかるモチーフがあります。アメリカで1950年代=70年代を過ごした草間さん。アメリカで初期に買った人の娘さんがオークションで売った作品がものすごい高値で売れたり、今や評価はウナギ登り。82歳でいらっしゃいますが、今年はロンドン、パリ、マドリードと有名な美術館を巡る回顧展が行われています。行きたいけど無理なので、この番組でせめて規模や雰囲気を感じました。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201107290303.html

日本人で女性、色々なバッシングに遭い精神的にも苦しい思いを続けてきたのに、何という生命力と精神力で創作を続けているのでしょう。テート美術館やソフィア王妃芸術センターなどの美術館に、彼女の存在感のある作品群はひときわ映えるでしょうね。大成功しますように。そして多くの人が彼女の作品を見て、感動されますように。私も負けずにがんばろうと思える、元気をもらえる番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 4日 (水)

ハリーポッターと死の秘宝 Part1 & 7月15日公開Part2

連休中は近場に出かける程度なので、勉強の合間に家族で映画を見たりしています。昨年末に見たハリーポッター最終章のpart1をJ:COM オンデマンドで見てみました。一度も使ったことがないオンデマンドでしたが、便利ですね。たまには。借りに行く返しに行く手間がかからないので、急に家族がそろっているのに何にもない時には便利です。

子どもが成人し、一緒に出かける時は減ったものの、何だか顔が揃うと、家で映画を見たりするのは便利で楽しいです。ふとみんなでお酒を飲む時もあります。これも大きくなったからですね。

ハリーポッターは安心して家族で見られる良いシリーズでした。こういうのはもう出ないかしらと思うと寂しい。7月15日公開が本当に待ち遠しいのですが、最後なのです。多読を始めてすぐに読んだハリーポッター、すでに8年もお世話になっています。途中を読んでいない、映画しか見ていない茶柱くんは時々話が見えなくなるのですが、質問されていて私も読んだのが昔なので記憶が曖昧・・・・昨晩最終巻の最期のほうを読み返してしまいました。

茶柱くんの質問はどうやってヴォルデモートをやっつけるのかというところですね。それとDeathly Hallowsとは何かというあたりです。読んで3年?ぐらいたつと記憶も本当に怪しい。読み直してみてあらすじを覚えていたのは間違ってはいなかったけれど、人の名前や関係が曖昧。ダンブルドアの弟とか何人かの名前は当然忘れています。

それでも、これ以上に好きなファンタジーが出てこない気がしています。私はドビーが好きでした。公開されるのは7月で忙しいさなかでしょうから、8月中旬まで見られないかなあ。ちょっと寂しいけれど。皆さん見に行ってくださいね。そしてぜひ原作を読んでください。やはり映画も原作も大好きです。

http://movie.walkerplus.com/mv44765/

http://www.youtube.com/watch?v=uYDdXI86Uks

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月 5日 (日)

ハリー・ポッターを見てきました

やっとハリー・ポッターと死の秘宝 Part1 を見てきました。字幕版はものすごく空いていて最初は私たちしかいなかったほどです。10人いたかなあ。みんな3D版や吹き替えをみていたのでしょうか。ゆっくり見られてよかったですが。

来週が本当に奇跡的に発表が何もないのです。2つ小さなテストがあるくらいで、大きな発表なし、レポートなし。こんなことはめったに起こりませんので、せっせとする週末の作業がいりません。昨日はそういうわけで、クリスマス準備と来週に向けての少し資料を読んだくらいで夜を過ごしました。

今回のハリー・ポッターはとても暗いのですが、原作には忠実でしたし、よく描けていたと思います。2つに分けなければこの分量は無理ですよね。最後の大団円に向けての露払いかもしれません。ドビーが亡くなったので、私は悲しいです。シリーズ全体を活気づけたのは彼の存在、そしてハリーの白ふくろう、ヘドウィグもハリーを守って死んでしまいました。

愛する人を守るのは本当に大変です。ハリーは両親のお墓参りも出来て、これからいよいよシリーズ全体で明らかにされていなかった謎が解けていきます。ハリーの持っていた見えなくなるマントが実は3つの秘宝の一つだったり、ゴドフリーの剣が急に現れたり、いよいよもう一人鍵を握るグリンゴッツのゴブリンも出てきましたね。次作を楽しみに!ハリポタファン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年11月28日 (日)

CSI :トリロジー 150分スペシャル

WOWOWの150分間スペシャルで、CSI :トリロジーが昨日放送されました。今日は午前九時からも放送されていますので、見たい方は見てね。夜は龍馬伝の最終回ですし。

さて、CSI :トリロジー というのは三つのCSI の登場人物たちが、同じ事件を追うという前例のない豪華なお話です。ファンはみんな大喜びでかじりついています。私も好きなので今から見ます。とても面白いのです。

脚本の豪華さや、俳優の演技力がたまらなくいいですね! それぞれが作品を語るところがトップに出てきているのもいい。では忙しいのでこのへんで。

http://www.wowow.co.jp/pg/release/001145/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 2日 (火)

SPを見てきました!

昨日大学に行きましたら、いきなり2科目も休講。図書館で調べ物をした後電車に乗っていたら、茶柱くんからメール。「今からSP見て帰る」  そうそう、彼の大学は学園祭で土日休みだったため、昨日は後片付けで休みでした。しかも考えてみたら1日だったので映画が安い日。そうか、と、すぐさまメールを出し、私も見てきました。SPです。

テレビではまったく見ていなかったのですが、面白かったそうですね。私はまあ見ることもないかしらと思っていたのですが、思いがけず見ることに・・・公安部、要人を警護する部署なのですが、そこのチームの長である尾形とそのチームの面々、そして主役がチームの一員で岡田准一扮する井上です。尾形と井上の関わりや、日本の政治の裏側でうごめく人々、密かに日本を転覆させようとする組織の人々などなどが暗躍します。

転覆させようとしてテロを行う人々とチームの戦いなのですが、岡田准一のアクションが素晴らしくて躍動感のある映像でした。私にはタイガーアンドドラゴンのへらへらしたキャラがとても印象的だったのですが、SPでの井上はまったく笑わないし、何か危険が迫ると察知する能力は、両親が殺されたというトラウマがそうさせたのか・・・とてもいいところで終わってしまい、この映画は次へと続くのですね。

朝のうちに夕飯を作るため、帰ったら即ご飯にできるので、とても楽ちんです。即食べたら、即勉強に入れるんだなあ。今週はゼミ発表があるのでドキドキです。それにしても授業がないと本当にいきなりの空白ですね。とはいえ、今時の大学は私の学生時代とは違い、わーい休講だあと喜んでばかりいられません。必ず補講や何かしらのレポートがくっついてきますので、油断めさるな、おのおのがた。毎日が次々何かに襲いかかられるロールプレイングゲームみたいなものです。

http://sp-movie.com/yabo/cast.html ←SPのホームページはこちら~一時よりハリウッド作品を見なくなって、邦画が多くなりました。でもハリポタとエクリプスはもちろん11月中に見に行く!と決めています。REIさんと見に行く約束です。heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月14日 (水)

ハリーポッターと死の秘宝―予告編公開

heart04「ハリーポッターと死の秘宝」の予告編が公開されました。ホームページで見ることができますので、興味のある方はぜひチェック!

http://www.pottermania.jp/

「死の秘宝」はパート1とパート2に分かれていて、(長いからね)今年11月公開なのはパート1、来年がパート2なんです。楽しみですね!REIさんと見に行こうかなあ。

前回は茶柱くんと見たあとに、もう一度ほのかさんと見たような気がします~海の洞窟のシーンが怖かった・・・「死の秘宝」はさらに暗い内容ですので、あまり小さなお子さんと見るのはお勧めしかねると思う。

ダンブルドアが亡くなり、みんなを一つにまとめる人がいなくなったすごい喪失感がありますよね。そして、謎が深まり、人間関係にも様々な亀裂が入る。ダンブルドアに対するハリーの信頼も、様々なことで揺らぎ始めるし。友情も何度も試され、お互いに苦しむハリー、ハーマイオニー、ロン。

今まで不思議だったことも次々に解き明かされていき、いよいよ対決の時が迫ります。重要な人物の死や、苦しみもがく主人公たちに、苦悩は深まりますが、2000年代の様々な事件が反映されているのかとても暗い。でも、最後は大団円に終わると思いますので、この作品を最後まで見届けましょう。私にとって多聴多読を続ける前半の大きなモチベーションでした。ハリーポッターありがとう。

ちなみにホームページには可愛いレゴのハリポタグッズ。ロンのお家のが可愛くてほしいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月23日 (日)

ドキュメンタリー映画ないんですね~

ドキュメンタリーを見て、授業で習った手法を説明するなどという??むずかしい宿題がでました。ドキュメンタリーのテレビ番組はあるけれど・・・いくつか録画してみましたが・・・授業に持っていかなくちゃいけないので、TSUTAYAさんに出かけてみました。

ああ、ドキュメンタリーの映画ってないんです。なんとか2本探して帰ってきましたが、どうしましょう。見る暇なんてあるのかしら。でも、なかなか深い意味があるように思えます。

たぶん作られても、DVDになるほど売れないんですよ。だから、決まった映画館でかかってもその後人の目には触れないのです。元々、あまり作られなくて、さらに人の目にも触れないのかもです。文化的な問題を感じるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|